3びきのこぐまさん おすすめポイントは3つ | 絵本読み聞かせ講師・上甲知子「絵本で子育て講座」出前します【小田原 湘南 横浜 静岡】

絵本読み聞かせ講師・上甲知子「絵本で子育て講座」出前します【小田原 湘南 横浜 静岡】

絵本の読み聞かせを味方につけると子育てはもっと楽しくなります
「読み聞かせなんてめんどくさい」という方も、簡単に楽しくできるときだけ続けられる「絵本で子育て」をお伝えします





先日、ラジオ電話生出演させていただきました。

絵本講師が順番に、おすすめ絵本をご紹介するほんの5分程度のコーナーがあるのです。

エフエムチャッピーさんでわたしがご紹介した絵本は



3びきのこぐまさん

婦人之友社










おすすめポイントは3つ。





1 ビビッドな色使いとユーモラスな表情の絵



2 美しい言葉遣いの文



3 いくつかのお話が入っている





まず、この絵が、非常におしゃれ。

斬新でポップ。

それでいて、疑ったり、悲しんだりするときの、表情がユーモラス。



そして、美しい日本語。

例えば

「〜してくださるのですって」

「よろしゅうございますとも」

「ひよっこさん」などなど。



なにこの、舌を噛みそうな美しい日本語。

そして

「かたかけさん」

「おぶう」

「たどん」

など聞きなれない言葉。



意味はわからなくても、絵があるから、(これかな?)なんて

わからないことも丸ごと、ひっくるめて物語全体を受け止める力。



この絵本の作者は



文が

村山籌子(かずこ)さん



絵は

村山知義(ともよし)さん



ご夫婦です。

しかもお二人は明治生まれの方です。

この絵本は昭和初期の絵本ですよ。



そう思って改めて見ると

なんと斬新な

なんと革新的な

それでいて格調高い

それでいてユーモラスな

たまりません。



さらにツッコミどころ満載!



たまりません。



そして、おすすめポイント3つ目は



この1冊の絵本の中に12の短いお話が入っている、

「お母さん、どれ読む?」「わたし、これがいい」などと

好きなお話を選んでそれだけ読む、というのもあり。

もちろん、最初から全部読んでもいいし。



そういうのも、楽しいなあと思うんです。












というわけで

暑苦しくラジオでオススメしておきました。 

















【無料メール講座】誰でも簡単に始められる「絵本で子育て」20のコツ















にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村