茶道・花道・絵本道・お母さん道 | 絵本読み聞かせ講師・上甲知子「絵本で子育て講座」出前します【小田原 湘南 横浜 静岡】

絵本読み聞かせ講師・上甲知子「絵本で子育て講座」出前します【小田原 湘南 横浜 静岡】

絵本の読み聞かせを味方につけると子育てはもっと楽しくなります
「読み聞かせなんてめんどくさい」という方も、簡単に楽しくできるときだけ続けられる「絵本で子育て」をお伝えします


メッセージをいただきました。



「私に係る著作権、肖像権などの知的所有権は全てとんちゃんに帰属しますので、

使ってくださって大丈夫です」

と言ってくださったので(笑)
ご紹介させてください。


仕事で得られる承認欲求より、もっと大きい、もっと私の本質的なところを認めてもらったように感じて、涙が出ました。

表面的なところじゃなく、もっと私を構成している色んな人格の層をまるごと認めてもらったような。

とてもとても嬉しかったです。


とんちゃんの講座って、
「お母さん道」みたいだな。

華道とか茶道とかと同じ、「道」。

茶道とかって「型」があるじゃないですか。
伏沙の畳み方とか柄杓の使い方、お茶碗3回まわして結構なお点前でしたって言う、みたいな。

勿論茶道の真髄というか、本質的なところは型を上手くできるかどうかってことじゃなく。

でも初心者にいきなり茶道の真髄を理解しろと言っても当然わかるはずもないから、まずは「型」。
型をやってるうちに、段々深い理解に至る。

とんちゃんの講座も、絵本を読むという「型」を使って、
「お母さん」の在り方をそれぞれ自分で
考えてくように導いてくれる。

お母さんってみんな必ず初心者だから手探りで、そんなところに「絵本を読む」という型があったら、すごく助かる。

実際すごく助かった。助かってる。

ぶっちゃけ今は絵本なんて全く読んでないけど、でもとんちゃんスピリッツは私の中に確実に活きているし。

伝えたいことは
絵本の良さなんかじゃない

っていうとんちゃんの言葉をみて、「お母さん道」、そんなことを思いました。





泣きました。
このメールもらって。


そうなのかな。

でも
もしかしたら
わたしの講座の
本質的な部分なのかもしれません。


わたしが何か正解を持っているのではなく
みなさんが
それぞれ
自分で見つけていく
自分の足で立つ
そのお手伝いというとおこがましいけれども。



来年も
たくさんの
「お母さん」に出会えたらいい。















講座ご依頼お待ちしております




マンツーマンでもお受けします











誰でも簡単に始められる「絵本で子育て」20のコツ




にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村