楽しい遠征のススメ~③夜行バス編~ | お砂糖てんこもり

お砂糖てんこもり

ライブのためだったりそうじゃなかったり西へ行ったり東へ行ったりする人記。

わたしのメイン遠征手段は夜行バスですが、乗るときの服装とか持ち物、毎回結構悩みます。
荷物は少ないほうがいいけど、車内は快適に過ごしたい…。
最低コレは必須!というものと、あったら便利なアイテムを紹介します。

【車内必須グッズ】
・マスク
→車内は結構乾燥してます。女性はすっぴん隠しにもよいです。
・飲み物
→夏場は特に、クーラーが効いていても暑いなーと思うことも。のどは意外と渇きます。あと、咳き込みやすいタイプの人はのど飴もあるといいかも。
・エアー枕
→携帯枕はいろんな種類が売ってますが個人的なおススメはダイソーの
インフレートまくら (ブルー)/GAMBARU SHOP
¥価格不明
Amazon.co.jp

こういうタイプのやつ。


わたしはリクライニングしちゃうと首枕案外いらないタイプなので、こちらは腰枕として座席と自分の腰の間を埋めるのに使ってます。
エアーなので、荷物にもならずにおすすめ。あと100円なので安い。


・羽織もの
→特に女性は夏場でも薄手のカーディガン1枚持って入ったほうが安心です。冬の窓側席もガラスからの冷気を結構感じるので、特に防寒対策しっかりと。



【あると便利グッズ】


・クロックス
→ちょっとかさばりますが、これ便利です。スリッパみたいにすぽんと履けちゃうので、狭いバスの車内でも脱いだり履いたりしやすく乗り降りの際にももたもたしません。
到着ギリギリに起きたけど、紐靴なんですぐに履けない!みたいなどんくさいわたしには最適です。

携帯スリッパでもいいんですが、降りるとき履き替える必要がない!という便利さが…。
でも夏場はビーチサンダルの方がいいと思います。かさばらないし。


・ウルトラライトダウン
→いわずと知れたユニクロのダウン。バスの車内での分厚いコートとか、ダウンってかなり邪魔なんですが、これはコンパクトにつぶして収納可能です。
バスだけじゃなくて、ライブ前の整列時にもかなり重宝します!一枚あると便利です。


・メディキュット
→足がむくみやすい女性にとくにおすすめ。


ドクター・ショール 寝ながらメディキュット Mサイズ ロング ラベンダー/エスエスエルヘルスケアジャパン

¥2,625
Amazon.co.jp

ですが、履いたまま降りられないよ!履くの大変だよ!
という方は着圧ストッキングでもかなり改善されましたので、朝のむくみにお悩みの方は一度お試しあれ。

500円前後のやっすいやつでも十分効果あります。

【アツギ/ATSUGI】アスティーグ/ASTIGU 圧◆引き締め パンティストッキング(ヌード.../作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

【夜行バスに乗るときの服装】

これもひとそれぞれだとは思うので、一例として。

わたしが一応気にしてるポイントは3点。

①温度の調整ができるか
→車内が寒いのか暑いのか、乗って見るまでわかりません。
Tシャツにカーディガン&パーカーなど暑かったら脱ぐ、寒かったら着る、を基本に考えてます。

②動きやすいか
→足がとにかくむくむので、スキニーデニムなんかはNGです。ショートパンツ&着圧トレンカが最強。通路側だったら休憩時間に外でて体のばすとかもできますが、窓際だとなかなか。
ひざの曲げ伸ばしがらくーにできるだけでかなり快適です。
あと靴!わたしはスニーカーだとモタモタして履くのに時間かかる、パンプスだとむくんで入らない!ことが多いのでクロックスとかビーチサンダルとか履いたり脱いだりが簡単なものを選んでます。
スリッパはそのまま車外にでられないのでわたしはあんまり…。
裸足でもデオドラントシートとかでケアしとけばくさくない…と思います。

③着替えやすいか
→これ、復路の話なんですが夜行バス日帰りでもやっぱり3日間同じ服着っぱなしはつらいのでバス乗る前に一応着替えてます。
だいたい駅のトイレとかで準備してるので、上からかぶりで着られるもの、裾を引きずらない丈のものが便利です。
マキシ丈ワンピとか狭いトイレで着替えるの大変だよ…。
駅によっては試着用の台があるトイレがあるとこもあるので何箇所かめぼしつけとくといいですねー。


長時間(関西⇔関東で6時間くらい?)の車内ですので、できるだけ快適にすごしたいものです…。