竜王戦は角換わり、叡王戦の組み合わせ発表など | おさのブログ

おさのブログ

将棋の話題を日々書き込むブログ


テーマ:

日付変わって、昨日の結果。

まず、竜王戦は羽生善治竜王が先手となりました。
角換わり相腰かけ銀から、羽生竜王が、広瀬章人八段の飛車側の桂頭を狙う局面で封じ手となりました。

羽生竜王が一気に攻めていくのか、右玉に組み替えるのかどちらかになりそうな感じです。
まだ形勢は互角か羽生竜王やや良いくらいかなと思います。


順位戦では、C級2組の佐藤和俊六段 対 西田拓也四段の全勝対決は、西田四段の勝ち。
C級2組は全10戦なので、西田四段は、5勝0敗と全勝で折り返しました。
佐藤六段は4勝1敗となりました。


王将戦の挑戦者決定リーグの、佐藤天彦名人 対 郷田真隆九段は、佐藤名人の勝ち。
1勝1敗と星を五分に戻しています。
無敗が一人しかいないので、まだ挑戦者争いは混とんとしています。
負けた郷田真隆九段は、0勝2敗でだいぶ挑戦は遠のきました。


棋王戦の決勝トーナメントの稲葉陽八段 対 黒沢怜生五段戦は、黒沢五段が勝ち、ベスト4に進出。
前期は挑戦者決定戦で負けているので、黒沢五段は今度こそと思っているのではないでしょうか。
前期ベスト4勢は、3人まだ残っていますが、前期挑戦の永瀬拓矢七段はすでに敗れてます。

その永瀬七段は、棋聖戦の二次予選で、屋敷伸之九段に勝っています。

朝日杯では、近藤誠也五段が今日2勝して、二次予選進出を決めています。

銀河戦のプロアマ対局は、古森悠太四段が、元奨励会三段の菅野倫太郎アマに勝っています。


本日は、竜王戦の二日目。
何とか羽生竜王に先勝していただきたいです。

順位戦のA級では、豊島将之二冠 対 糸谷哲郎八段戦があります。
豊島二冠は3勝0敗でただ一人の無敗、糸谷八段は2勝1敗で追っています。
両者の対戦成績は、豊島二冠大きく勝ち越していますが、先日の王将戦の決勝リーグでは、糸谷八段が勝っています。


また、叡王戦の決勝トーナメントの抽選が行われています。
1回戦から、羽生竜王 対 菅井竜也七段。
佐藤名人 対 中村太地王座。
斎藤慎太郎七段 対 藤井聡太七段。
など、面白うなカードが並んでいます。

 

おささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス