こんばんは

cocoです(´0ノ`*)



前日までの寒さが、ウソのように晴れ渡った2月19日


最初に予定した日程どうり、


“お散歩道のマルシェ” ~わんことの暮らしに~ inサンスイ


の開催が出来ました。


11月にこのイベントを立ち上げ、日程を決めた時、

本当に本当に迷いました。


一年で一番寒い時期ですもんね。

しかも、わんこイベントですから、もれなく野外(・_・;)


北風ピープーだったらどうしよー(>_<)

雨とか嫌だけど、雪はもっと嫌ー。(´д`lll)


でも、当日はお天気が味方してくれて、

暖かい中で開催が出来ました。


ご来場いただいたお客様の中に、

強力な晴れわんこがいらしたのかしら...(≧▽≦)


genius (ヂーニャス) さん

ビーズや革で作ったカラーやリード、チャームを

ご出展されていました。


レスキュー団体 Wonderful Dogs (ワンダフルドッグズ) さん

右に座ってるチョコラブちゃんは、卒業犬の“茶子”ちゃん

この日は、茶子ちゃんのご家族がお手伝いにいらしてました。


大型犬のお洋服 *coconine*(ココニネ)

看板犬は、我が家の“ココア”でした(*^.^*)


DouDeVille (ドゥドゥビィル) さん

普段は草木染めのリネン糸のお店ですが、今回はお散歩バック、

マナーポーチをご出展されていました。

(腰痛をおしてのご参加でした)

M+M(エムプラスエム)さん
普段は子供服中心にご活躍されていますが、
当日はわんこ服もご出展されていました。

革小物の mado.(マド.)さん
迷子札のワークショップが大盛況でした。
(私、作りそびれマシタ...涙)

nakku(ナック)さん
小さなサイズのわんこ服を中心に、おやつやおもちゃを
お持ちくださいました。
友人宅のわんこ、こちらで買ったお洋服にお召し変えしてました。

ハーブ研究所Spur (スパール)さん
ハーブで作られたわんこのケア用品、身体に優しいおやつなどを
ご出展されていました。

pas a pas (パザパ) さん
わんこ&にゃんこモチーフのお菓子をご出展いただきました。
午後、気づいたらほぼ完売...
実は毎度のことです。さすが!!

guregure (グレグレ) さん

小さなわんこフィギアをご出展されていました。

ドキュ~ン(*´Д`)=зとやられちゃった方、多かったのでは??


K-cat (ケイ-キャット) さん

わんこモノではなく、飼い主さんのお洋服などをご出展いただきました。
緩やかで綺麗なラインのお洋服は、動きやすくて、
わんことのお散歩やお出かけに活躍しそう♪

Delicious Clover (デリシャスクローバー) さん
まだ展示前なのに、無理に撮らせていただいた一枚。
わんこチャームなどのオーダーを受けてらっしゃいました。

ドッグマッサージGramuven (グラムベン) さん
当日、特別体験料金でご参加いただきました。
体験してるのはうちのコです(^_^)v

各お店様には、売り上げの一部をチャリティにご協力いただきました。
お預かりした募金は、本日21日、Wonderful Dogs さんに
お渡ししました。

ご協力、誠にありがとうございました。

わんことの暮らしを彩るいろいろな物、事をご紹介出来たらいいな...
と企画した、今回のイベント。

お洋服を選んでもらって、嬉しそうに笑うわんこと飼い主さん。
おやつを買ってもらってるわんこや、
お友達に会えて嬉しそうにしっぽを振るわんこ達。

そんな姿に、私自身も暖かな気持ちになりました。




今回のイベントを立ち上げた時、迷いが沢山ありました。
一番大きな迷いは

『保護犬の前で、幸せなわんこが買い物してる姿って、どうなの?』

って事でした。

飼い主に捨てられたり、迷い犬として保健所に入れられたコ達。

その中で、誰かが辛い選択をして、小さな光を手に入れたコ達。

レスキュー団体の皆さんの手で、心と体のケアをしてもらい、
新しい家族を探し始めたコ達。

そんなコ達の前で、小さな頃から可愛がられ、家族に愛され、
幸せしか知らないわんこ達が、お洋服やおやつを選んでもらう...

募金を集めるのは、わずかな罪滅ぼしの様な気がして、
ずっとずっと悩んでいました。

私の大きな偽善に、他の作家さんを巻き込むだけなんじゃないか

自分一人では何も出来ないから、体裁よくイベントを立ち上げた
だけなんじゃないか

レスキュー団体さんのブースに、誰も立ち寄ってくれなかったら
どうしよう
お客様がいらっしゃらなかったらどうしよう

考えたらきりがない、
マイナスのスパイラルをグルグルしていました。

でも、考えても悩んでも保健所に入るコ達は減らないんですよね。

だとしたら、何を言われても受け止める覚悟をして、
やっちゃえばいいやp(^-^)q

鈍感力と空気読めない感じで(笑)乗り切ってしまえ~
と、サンスイさんに相談させていただきました。

マスターが思いの外さらっと 『いいよ、協力するよ』 と
言って下さったので、次に、Delicious Cloverさんに
相談させていただきました。

作家さんの中には、わんこやにゃんこと暮らしてる方が
思いの外多く、レスキューや殺処分って事に、少なからず
心を痛め、何か出来ないかと考えてらっしゃる方が多いと聞き、

その後、腹を決めてWonderful Dogs さんへ。

顔見知り程度だった団体のボランティアさんにお電話し、
思いのたけをぶつけ、今思い返すと不躾だったんじゃないかと
反省しています。

勢いだけで走って来た当日まで。

至らない点が本当に多かったと思い、反省点ばかりです。

ご参加いただいた作家さんやお客様にも、ご迷惑やご不安、
ご心配をおかけしたのはではないかと思います。

申し訳ありませんでしたm(_ _ )m

今回の反省を生かし、第2回につなげたいと思っています。
(↑懲りてない感じ?(* ̄Oノ ̄*))

当日、ご参加、ご協力、ご来場いただいた全ての皆様、
おひとりおひとりにお礼をお伝え出来ないので、
この場でお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

また会う日まで。(^-^)ノ~~


追伸:つたないブログにおつきあいいただき、ありがとうございました。