ちょっとお久し振りでございます♪

 

 

昨日は、お参りに行っておりました。

 

 

お参りと言っても、お寺ではなく、『お写経』をしに行ってたのですが。

 

 

仏様の前で書かせていただいたお写経は、とても心が洗われるようでした。

 

 

とてもとても静かな、ゆっくりと流れる時間の中。

 

 

お線香の香りを身にまとい、聞こえるのは筆を走らせる音だけでした。

 

 

お写経にはいろいろな種類があると思うのですが、私が今までに書かせていただいたことがあるのは

 

 

『観音経(かんのんきょう)』と『百字偈(ひゃくじのげ)』と『般若心経(はんにゃしんぎょう)』です。

 

 

今回は『般若心経』を書かせていただきました。

 

 

お写経をさせていただきながら、いろいろな想いが蘇ってきました…。

 

 

 

 

私は、きちんとお先達の先生についてお参りをしているのですが、その先生との出会いは17年ほど前になるかと思います。

 

 

これは、その出会った頃に聞かせていただいたお話です。

 

 

 

 

 

当時は、まだ少人数で四国遍路をしていたそうなのですが、これはあるお寺の本堂でお参りをしていた時の出来事だそうです。

 

 

 

数名の方が先にお参りをしていらっしゃった隣で、あるお母さんと娘さんがお祈りを始めたそうです。

 

 

その時、先にお参りをしていらっしゃった方が、その娘さんを一目見るなり、泣き出してしまったそう。

 

 

どうしたことかと、娘さんのお母さんがお隣の方に声をかけたところ、こんな話をしてくださったそうです。

 

 

 

私は、娘を亡くしてしまった母親です。

 

 

ただただ悲しく、どうしても、もう一度娘に会いたい。

 

 

夢の中でも良いから会わせてくださいと、お大師様を信じ、四国遍路を始めました。

 

 

そして、今日、娘に会うことが出来ました。

 

 

…娘さん、あなたが私の娘に本当にそっくりなのです。

 

 

お大師様が、本当に娘に会わせてくださった…有難い…本当に有難い

 

 

 

 

そう言って、その方は、泣いておられたそうです。

 

 

そして、今度はその娘さんが泣きだしました。

 

 

その理由はー

 

 

『こんな私でも、誰かの役に立てた…』

 

 

その娘さんはとても優しい子でしたが、おとなしく、自分に自信がなかったそうです。

 

 

それなのに、こんな私に娘さんの面影を見つけて、泣いてくださった方がいる。

 

 

涙を流して喜んでくださる方がいる。

 

 

それが、本当に嬉しかったそうです。

 

 

 

 

 

一期一会

 

 

 

 

ほんの一瞬の出会いが、傷ついた二人の心を繋ぎ、そして癒されたこの不思議。

 

 

 

本当に、お大師様のお陰と、この話を聞いた人たちは、感心しきりでした。

 

 

 

 

亡くなってしまった人の声を聞くことはもうないだろうけど。

 

 

でも、亡くなってしまった人の心に想いを馳せることはできる。

 

 

 

 

生きている間に出来ることは親孝行。

 

 

死んで出来る親孝行が供養。

 

 

 

私は、生きている間に親孝行は出来なかったから、供養は死ぬまで続けていくつもりです。

 

 

両親ともに癌で亡くなってしまったから。

 

 

少しでも、その痛みや苦しみから解放されますように…。

 

 

 

 

娘さんをなくしてしまった人から、自分に自信を持てなかった娘さんへ。

 

 

自分に自信を持てなかった娘さんから、それを聞いた私たちへ。

 

 

そして、それを聞いた私から、これを読んで下さるみな様へ。

 

 

 

 

 

こうやって、温かい気持ちは広がっていくのだと思う。

 

 

これも、先日書かせていただいた生きる力を借りたからの中の『恩送り』なのだと思う。

 

 

 

 

 

お写経を書かせていただきながら、静かに自分の心と向き合うことができました…。

 

 

 

 

心願成就・病気平癒・良縁成就・先祖供養…。

 

 

それぞれのみな様の願いとともにこのお写経は、高野山に奉納していただけます。

 

 

 

本当に、有難いことです…。

 

 

 

 

 

みな様、いつか四国にお越しください。

 

 

四国八十八ヵ所霊場参拝もそうですが、7月・8月と、お写経も行われます。

 

 

ご興味のある方、ぜひ書きにいらしてください。

 

 

ご連絡いただければ、お連れいたしますよお願い

 

 

 

それと、こちらのブログ大切なことは、言葉に出して伝えようも、お参りに関しての内容になります。

 

 

 

ご興味のある方は、ぜひ一度お読みくださいませ。

 

 

それでは、それぞれの居場所でベストを尽くそう!

 

 

お昼からも、ご安全に!!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 


人気ブログランキング