にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

民家の先もまだ道が狭くて、この道を車で運転するのは滅茶恐いでしょう?

 

舗装している部分が車幅よりも狭いんじゃないでしょうか?

 

その先は少し広い自動車道ですが。

 

瀧迄の案内図です。

 

その先にもまだミニ八十八ヶ所霊場が続いています。

 

第三十六番青龍寺。

 

種間寺と禅師峯寺とありますが、種間寺と禅師峯寺の間の雪蹊寺がありません。

 

杉と竹が入り混じった林を抜けると・・・

 

その先に民家が・・・

でもこのあたりの道も車で通るにはまだまだ狭いですね。

 

みみずに大きなムカデがかぶりついていました。

 

ミニ八十八か所霊場はまだまだ続いています。

 

その先、更に広い自動車道と合流。

 

建治の瀧への道しるべ。

『おくのいん』と書かれてあるのでしょうか?

 

『へんろとは 歩くこと也 感謝と行』とあります。

つまり、歩かない巡礼者は『遍路』ではないのです。

確かに『お遍路さん』とは歩いて巡礼している人の事ですから・・・

 

山の斜面から突き出した竹筒。

下水かと思いきや・・・飲める天然水のようです。

 

広くなった道をどんどん歩いて行きます。

 

こんな所迄ミニ八十八か所霊場は続いています。

 

民家の間の道となり・・・

 

道は複雑に折れ曲がっていますが、道しるべの目印に必ず古い石仏が置かれてあります。

 

へんろ道保存協力会の道しるべもあります。

 

徳島では今時珍しい麦畑。

 

もう町中なのにミニ八十八か所霊場は続いています。

実際にはミニ八十八か所霊場があった所に後から家が建ったのでしょうね。

 

田畑と民家の間の道が大きくカーブしています。

 

小川も流れている長閑な地域ですね。

 

その先を右折し・・・

 

民家脇の道を・・・

 

道なりに・・・

 

歩いて行きますが・・・

 

こんな所に大きなお地蔵様が・・・

 

滅茶立派なお地蔵様ですね。

 

お地蔵様に挨拶して、その先へ急ぎます。

 

 

※リブログは完治していないのに病院ではそれ以上の治療をおこなってくれません。

原因が分かっていなくては、幾ら治療を続けても・・・

どくしゃになってね!