にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

本堂のお参り後、本堂の向かいにある小さな御堂。

 

厄除大師とあります。

 

建治龍門窟とあります。

狭い洞窟なので汚れる白衣を脱ぎました。

 

このロープを伝って上がります。

 

この先にあるみたいです。

 

狭い入り口の手前に・・・

 

注意書きの立札が・・・

行場なのでお参りは自己責任です。

 

確かに狭~い!

 

木の根で支えられているような洞窟ですね。

 

途中で方向転換は絶対に無理です。

 

事務所で貸して頂いたライトを照らしてもこの程度の明るさです。

 

奥に進むと脇穴からの光で明るくなっています。

 

更にその先へ進んでみましょう。

 

その先にも小さい横穴が空いています。

 

突き当りの奥に何かが祭られてありますが、暗くて良く分かりませんでした。

 

2枚撮ってみましたが、どちらも同じようですね。

私のカメラではこれが限界です。

 

龍門窟の中で何とか方向転換して、殆ど這って出て来ました。

私的には鶴林寺奥の院の慈眼寺の穴禅定よりも狭い感じでした。

 

こちらが寺務所です。

 

奥の院建治寺の墨書が滅茶素敵!

細い筆先で丁寧な筆遣いで書いて頂きました。

『蔵王大権現 建治寺』とはすんなりと読めませんが。

 

参拝後のお帰りはこちらからです。

 

物の道理をわきまえましょうとの事です。

 

建治寺は山の斜面にあるので、大日寺への遍路道は急階段ですね。

 

その階段を落ちて行くように下りて行きます。

 

※リブログは愛媛から来られたブログの読者さんのブログのリブログ(ちょっとややこしいですが)です。

こちらのお遍路ブログの読者さんでもあるので訪問してあげて下さいね。

どくしゃになってね!