宝仏殿のある高台にも上がってみよう

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


人気ブログランキング

 

※2枚並んでいる画像は肉眼で観れる3D画像です。

パソコンは画面と目の間を40~50cm、スマホなら25cm位で頭を傾けずに水平にした状態で写真と目の中間位の位置に人差し指を立てて指先をじっと見つめて下さい。

視線が寄り眼の状態になって右目で左の写真を左目で右の写真を向見ている状態です。

 

図3

人差し指の向こう側にぼんやりと3枚の写真が見えて来るので、寄り眼の視線を保ちながら、真ん中の写真に焦点を合わせると真ん中の写真が立体に見えて来ると思います。

 

前回のブログで高野槙の後ろ側で女性2人が何かを行っていたものがこれです。

それは私がまだ他の霊場で見た事もない、初めて目にするもの・・・

 
梵字で書かれてあり、私には意味が分かりません。
 
厄災消除の鐘だそうです。
歳の数だけならして下さいとありますね。
 
秋篠宮悠仁親王お誕生 お印の高野槙の後ろにあったも大きな石塔。
 
この形の石塔は初めて見ました。
中央の四角い穴は何か意味があるのでしょうか?
もしかして、石燈籠??
 
境内の隅の縄が掛けられた大きな樹木越しに日和佐の街並みが見渡せます。
 
燈籠の向こう側に、くの字型の建物が・・・
 
皆様閻魔様と同じ帽子を被られています。
 
一番端はお地蔵様のようですが・・・
 
王と書かれた帽子を被った審判員でしょぅか?
笏を持たれています。
 
刻まれている文字が読めなくて、誰なのか良く分かりません。
 
机の上に置かれているものも一人一人異なりますね。
 
良く見たら、硯と筆・・・そして紙でしょうか?
 
この方は紙だけですね。
 
手に持たれているのは筆かな?
 
笏を持たれている方は閻魔大王ですね。
 
書物を持たれています。
六法全書でしようか?
 
この方も左手に笏を持たれています。
右手には筆ですね。
 
筆で何かを書かれています。
 
三途の川の番人の奪衣婆でしょうか?
死後に裁きを受けるのは嫌だな~。
 
その裏に納骨堂があります。
 
こちらは地蔵堂。
 
霊牌堂。
 
その足元に・・・
 
瓦が立てて埋め込まれてあり、これは初めて見ました。
 
 
霊牌堂の横にも厄坂が・・・
 
61段の還暦坂だそうです。
上ってみましょう。
 
硬貨は階段にばら撒かずに端に置いて下さいね。
踏むと滑りますから、危険です。
 
厄坂の上にあるのは、薬王寺のシンボルの宝仏殿。
 
宝仏殿からは日和佐の街並みが見渡せます。
 
港をズームしてみました。
 
霊牌堂とその向こうは本堂の屋根です。
 
本堂前の境内ですが・・・
 
正面の山に日和城が見えています。
 
立派な鐘楼があるのですが・・・
 
勝手に撞けないので、残念です。
鐘の音を聴くには午前六時か、午後五時に来なければならないですね。
 
帰りに納経所にて納経帳に二巡目参拝の証の重ね印を頂きました。
 
 

どくしゃになってね!

 

今日もお越し下さって有難う御座います。

パソコンからだとCtrlキーを押しながらポチッするとリンク先に飛ばされませ~ん!

今日もひと手間かけて頂き・・感謝感謝!

ダウン ダウン ダウン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

こららも有難う御座います。
ダウン ダウン ダウン


人気ブログランキング

 

まだまだ指に余力がありましたら全部お願い…
ダウン ダウン ダウン

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

※リブログはお遍路とは関係ありませんが、応援訪問頂ければ嬉しいです。

※『いいね!』を付けて行かれる方は、リブログの治療ブログの方にお願いしま~す!