本堂の巨大な鰐口は

いい音が鳴ります

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


人気ブログランキング

 

薬王寺の厄除け坂は上から見ても怖い位の勾配です。

 
正面の本堂。
 
斜めから眺めてみました。
 
天上から提灯が吊るされてあります。
 

※2枚並んでいる画像は肉眼で観れる3D画像です。

パソコンは画面と目の間を40~50cm、スマホなら25cm位で頭を傾けずに水平にした状態で写真と目の中間位の位置に人差し指を立てて指先をじっと見つめて下さい。

視線が寄り眼の状態になって右目で左の写真を左目で右の写真を向見ている状態です。

 

図3

人差し指の向こう側にぼんやりと3枚の写真が見えて来るので、寄り眼の視線を保ちながら、真ん中の写真に焦点を合わせると真ん中の写真が立体に見えて来ると思います。

 
樋の水が流れ落ちる、雨水受けにも薬王寺のマークが・・・
 
鰐口はちょっと大きめ・・・
 
大きな鰐口はいい音が鳴って響きます。
 
本堂正面。
 
本尊薬師如来。
みな人の やみぬるとしの薬王寺 るりのくすりを あたえましませ
 
醫王閣とあります。
 
薬王寺の御詠歌ですね。
 
薬師如来様でしょうか?
 
こちらは大師堂。
 
観音扉の中に引き違い扉と二重扉が開けられてあります。
 
ありがたや 高野の山の岩かげに 大師はいまだ在しますなる
(ありがたい。高野山の岩陰にまでも、お大師様のおられる気配はありありと残っているではないか)
 
これは、お大師様から約四百年後、天台宗のトップでおられた慈鎮和尚が高野山へお詣りし、自分も即身成仏(ソクシンジョウブツ)を得たいと発願して灯籠堂に籠った際、はっきりとお大師様に会えた感激を詠んだものです。
当時は、あらゆる宗教宗派の人々がお大師様の偉大さを偲び、高野山へ足をはこんでいました。
座主(ザス)という宗派で最高の立場にある僧侶ですら、ご加護を願って高野山を目ざしました。
また、僧侶も信徒もうち揃って唱和する御詠歌の第一番に他宗派の僧侶の作を掲げることは、み仏も、神々も、邪なる者も、あるいは鬼すらもその存在意義を認めるマンダラ世界を実相とし、一切の宗教宗派と争わぬ真言宗の姿勢を鮮明に表わしているといわれています。
 
 
お大師様に厄を拂っていただきましょう。
 
香炉の前には・・・
 
常に火が付いていますが、お線香にこの火を付けるのでしょうか?
大きな炎が揺れているので、ちょっと怖いです。
 
大師堂の右側に・・・
 
賓頭盧尊者と・・・
 
寿老人が並んでいます。
 
神社名がありませんが、小さな神社。
 
大きな石塔のてい後ろ側に、秋篠宮悠仁親王お誕生 お印の高野槙。
向こう側で2人の女性が何かされていますが、次回のブログで分かります。
 
古い石仏ですが、弘法大師一千後五十年とありますので、百五十年前のものですね。
 
こちらもその年代の物でしょうか?
 

どくしゃになってね!

 

今日もお越し下さって有難う御座います。

パソコンからだとCtrlキーを押しながらポチッするとリンク先に飛ばされませ~ん!

今日もひと手間かけて頂き・・感謝感謝!

ダウン ダウン ダウン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

こららも有難う御座います。
ダウン ダウン ダウン


人気ブログランキング

 

まだまだ指に余力がありましたら全部お願い…
ダウン ダウン ダウン

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

※リブログはお遍路とは関係ありませんが、応援訪問頂ければ嬉しいです。

※『いいね!』を付けて行かれる方は、リブログの治療ブログの方にお願いしま~す!