お遍路ブログはお京塚で休憩中ですが

全国的な寒波襲来

極楽寺が雪景色になるなんて

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

以前一番札所霊山寺の雪景色を撮りましたが…

 

2018年1月11日は全国的な寒波襲来で西日本の平地も雪景色になり、滅多に雪が積もる事のない極楽寺も薄っすら雪を被った雪景色になりました。

 

※2枚並んでいる画像は肉眼で観れる3D画像です。

パソコンは画面と目の間を40~50cm、スマホなら25cm位で頭を傾けずに水平にした状態で写真と目の中間位の位置に人差し指を立てて指先をじっと見つめて下さい。

視線が寄り眼の状態になって右目で左の写真を左目で右の写真を向見ている状態です。

 

図3

人差し指の向こう側にぼんやりと3枚の写真が見えて来るので、寄り眼の視線を保ちながら、真ん中の写真に焦点を合わせると真ん中の写真が立体に見えて来ると思います。

 

積もった雪は僅か数cmですが…
 
山門前に置かれてある門松にも…
 
最近徳島県警が山門前に置いてある交通マナーアップの置き看板にも…
 
一礼して山門をくぐってみましょう。
 
境内はどんな雪景色が広がっているのでしょう?
 
地面の雪は解けているみたいですが、寺裏の木々は雪をかぶっていい感じですね。
 
平日の雪の早朝は巡礼者はまだ一人もいないのですが、納経所は既に開いていました。
 
山門をくぐった所にある願掛け地蔵尊も…
 
雪をかぶって、お賽銭箱の中まで雪だらけです。
 
今朝の最低気温は氷点下まで下がらなかったみたいで、バケツの水は凍っていませんね。
 
雪景色ではありませんが、願掛け地蔵の説明書。
 
それでは境内の奥の方へ歩いて行きましょう。
 
積もっている雪はほんのうっすらですが…
 
それでも普段は見られない光景が広がっています。
 
中庭奥の木魚にもたれて休んでいる小坊主さんと弁財天。
 
普段は滅多に見られない雪を被った招福弁財天。
 
中庭の中に残されている遍路道の道しるべと陶器の壷。
 
雪景色の庭はいいですね。
 
お寺の玄関でしょうか?
 
立派な石造りの手水場は…
 
裏側の樹木が屋根の代わりになり、そんなに雪が積もっていませんでした。
 
手水場の隣の修行大師像。
 
左手に子供を抱いた小さな大師像。
 
再び中庭です。
 
中庭のうっすらと積もった雪は日が差してくると、すぐに融ける感じですね。
 
水子供養地蔵尊。
 
 
 
足元の子供たちの頭にも雪が積もっています。
 
聖水が流れている龍には雪が積もっていませんね。
 
水を流し続けていなければ凍って出なくなってしまうのでしょうね。
 
ずらり並んでいる舟形石仏達も…
 

今日もお越し下さって有難う御座います。

訪問者様にランキングバナーをクリックして

応援頂ける事を楽しみに更新しています。

 

クリックしてね
ダウン ダウン ダウン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
こららもね 
ダウン ダウン ダウン

 
読者になってね
どくしゃになってね…
アップ アップ アップ

読者になって一緒にお遍路しませんか?

「相手にわかるように読者になる」を選んで登録してネ!

 
※リブログはお遍路や四国霊場と関係ないので、興味ある方のみご覧下さい。
 
AD

コメント(2)