御朱印の旅2017“京都①”錦天満宮 | osamuBLOG

osamuBLOG

お城や御朱印や美味しい物に興味があります。

続きまして、錦天満宮です。誠心院から歩いて3分ぐらいで着きました。ここは長保5年(1003)菅原道真公の父親・菅原是善の旧邸菅原院の旧殿を、嵯峨天皇の皇子である源融公の旧邸跡・六条河原院跡地に場所を移し歓喜寺とし、その鎮守社として正安1年(1299)に道真公の霊を祀って「歓喜光寺」としたのが始まりだそうです。その後、天正15年(1587)豊臣秀吉の命で錦小路東端の現在地に移転し、その所在地名から「錦天満宮」と呼ばれるようになり、明治の神仏分離により歓喜光寺は東山五条に移り、神社だけ残され現在に至るそうです。
{FC0A7212-DB13-422A-8E20-E0C0C017DB3D}
たくさんの提灯と錦天満宮の看板。
{63405D38-4694-45C3-B672-5C1787F250A8}
入ります。
{FAC076CB-A9F0-46B0-95DE-46D6B21B0BD2}
狛犬①
{00ECB8AC-BD58-4599-A6F2-6A21DB33E95F}
狛犬②
{76084943-2977-4BC4-9983-419206E81C74}
拝殿です。 外人さんもいますね。
{44510D02-CEF5-4F0F-9036-FBA94E9B7934}
天満宮ですので撫で牛です。
{E2E6F594-FCEC-4E65-AC43-74A9EE505145}
手水舎です。
{2AFDE296-408D-431F-8C68-F26C931544DC}
こちらにも手水鉢です。龍!
{0DE466D7-AC6D-4E52-BD11-F88459284031}
撫で牛のアップ。牛の頭、撫でられすぎてピカピカ!
{2FCF49AA-273E-4326-A772-B2C13EFF88EE}
扁額です「天満宮」
{563C7637-ED6F-48D8-BA5F-627652ABAAE5}
お参りします。狛犬③④がいますね。横にある社務所で御朱印をいただきます。
{0C6E6F24-1B9E-47A9-9496-545B2B01A7AE}
書置きでした。
{EFEC9E2F-B5C4-4424-807A-7F6E5C43FC23}
境内社の塩竈神社。
{B3836AB0-D4DE-46EA-AE18-49E6808CC7E3}
日之出稲荷神社。
{339C803D-14A5-434E-B684-40E41809F8E9}
白太夫神社。
{BBFC4BC2-8DEA-45B6-ADD1-4BA84978639D}
七社之宮。
{8C2FD572-DF34-46EF-AB37-E43114E3FC7C}
横からの本殿。
{1C565656-D7E2-40C9-B325-2A6A66BF252B}
錦天満宮でした。こじんまりしてましたが、参拝客も沢山いる賑やかなお寺でした。有名なビルに突き刺さった鳥居は見るの忘れてました。
{DDEB41E6-8304-42FE-82EE-2D0889141451}
ネットから拝借。(全然、頭になかった。こういう鳥居があることは知っていましたが、こことは思っていませんでした。) 戻ります。蛸薬師堂を探します。次は永福寺(蛸薬師堂)です。