全国の特約店でも取り扱いが

超少ない激レアな飛騨(岐阜県)の

日本酒をご紹介。


その日本酒は「W(ダブリュー)シリーズ」

今回は「W(ダブリュー)」シリーズで

 

第一弾の「山田錦」、

第二弾の「特等山田錦」に続く
第三弾!


今回は酒米「愛山」を使用した
W(ダブリュー)です。
 

W(ダブリュー)純米 愛山 無ろ過 生原酒

 

 


メタリックのラベルなので
写真を撮るのに一苦労でした。

「W(ダブリュー)」シリーズは
使用する酒米によって分類されています。

最初に飲んだ第一弾Wシリーズは山田錦



第二弾は特等の山田錦



第三弾の今回は愛山です。


愛山は山田錦と同じ兵庫県で

栽培されている酒米です。
兵庫県ではまだまだ山田錦が有名ですが、
愛山が使用されることが増えてきました。
 

W(ダブリュー)って大人しい


今までのW(ダブリュー)シリーズは
山田錦でした。

Wシリーズは精米歩合が50%以上なので

純米大吟醸並。
しかも山田錦の場合はフルーティーな
香りになるといわれていますが、
香りと味は比較的控えめで
大人しい感じの日本酒でした。

今回の愛山は精米歩合が50%ですが、
どんな感じの日本酒になっているのか
楽しみです。

W(ダブリュー)愛山の香りは?

早速、栓を開けてみました!

カチカチカチ。
お猪口へトコトコ音符

まずは香りを嗅いでみます。

クンクン。

??

今までのWシリーズと同じように
フルーティーな香りはしません。


W(ダブリュー)シリーズは
香りが比較的控えめになっているようです。

<h3>W(ダブリュー)愛山の味は?</h3>

口に含んでみると…。

甘~いハート…けど苦~い…ガーン

最初の方は甘かったのですが
後味は苦みが出てきました。

冷蔵庫から出した直後だったので
試しにグラスに入れて少し時間を
経過させてみました。

 

また香りを嗅いでみると…。

!!

あら不思議びっくり

冷蔵庫から出した直後はアルコールのような

香りとは違い、甘くなってきました!

もう一度口に含んでみると…。

おっハッ

甘みが強くなってきました。
甘みのあとは苦みもありましたが
甘みと苦みのバランスが
とてもいいW(ダブリュー)シリーズに
なっている日本酒でした。

 

Wシリーズはさまざまな酒米を使用して

商品を出しています。

 

山田錦…

愛山…

 

次のWシリーズは…

 

これニコニコ

亀の尾です。

 

次回もお楽しみに。