随分冷え込んで、霜でまっ白な朝だったけど

キジもケンケーンと初鳴き。

いよいよトリたちの活動も始まりましたよ~。

シジュウカラもペア行動、新居を物色しています。

 

去年初めて庭の巣箱で巣立ちをみせてくれたから

きっと今年も入ってくれるかなあ~と

楽しみにしています(*^-^*)

 

きのうは、つがいが、かわりばんこで

巣箱に入って感触をはかっていました。

 

ところが‥、もう1組のシジュウカラも

巣箱のようすを伺っているんです。ちょっと困った。

 

そこで急遽、きょうは、追加の巣箱を準備することに。

 

 

これが新しい巣箱です。

 

「端材でできるもん」シリーズ、

手順を追ってみま~す(#^^#)

 

 

さ~てどの端材が使えそうかな?

これでどうだっ!‥‥いけそう~~。

 

 

切ってゆきま~す。

もちろん、ノコギリでも十分できます。

 

 

続いては、肝心の出入り口です。直径3センチ。

シジュウカラは2.5~3センチがよいんですって。

ちょうどよい道具があるのでグィーン。

 

 

これも、イトノコを使って時間をかけて開けても◎

 

 

ちょっと割れちゃったけど、ま、いいか。

だいたいで大丈夫~(^_^)/~

 

あとは合わせるだけ。

 

じゃん!

ふた用の板がちょっと反っているけど、

これもまあ、大丈夫でしょう。

 

 

これまでの巣箱に続く、巣箱2号です( ^ω^ )

リンゴの木にくくりつけました。

 

まだ枝も太くない木だから、ちょっと心配だけど、

この木はいろんな小鳥たちが集まる木なので

いいポジションかもしれません。

私の目の高さくらいだから、1.5メートルくらいかな。

 

 

続いて同じ大きさの巣箱をもうひとつ。

巣箱3号もできちゃったので、白樺の木にかけてみました。

 

 

最初にご覧いただいた写真です。

これで、3組まで巣箱を使えます(*^-^*)

 

去年、シジュウカラが出たり入ったりするのを

母がとても喜んでみていたので

3つめは、母の部屋から近いところにかけました。

 

上手く、選んでもらえるとよいのですが‥。

そして、こんな感じに使ってもらえると嬉しいなあ。

巣箱1号でヒナを孵したシジュウカラ、去年の写真です。

 

 

施設が面会制限、母が外出禁止になって

一か月以上が過ぎました。

 

シジュウカラが巣箱に入る頃には

コロナも終息して母にも見てもらえるとよいのだけど‥。

なかなか難しそうですね。

 

そういえば、今日は音楽村の続きのハズでしたm(__)m

シジュウカラの姿を見たらblogの内容が変わってしまいました。

音楽村の件、あす!報告します。