農作業のオンとオフを

つかめるようになってきました。

 

天候と作物の成長に追われる農繁期は

フライパンで野菜を焼きながらビールという調子だけど、

 

農閑期にはようやく頭も回り始めて

段取りの必要な料理に手がつけられます。

 

 

おいしそうな豚のなんこつをみつけたので

生姜とネギとともに5時間コトコト。

薪ストーブオーブンに鍋ごと入れて。

お箸で持ちあげたら、ホロッとトロッと(*^^*)

 

味付けは醤油・味噌・サトウキビ砂糖。

今晩はカラシを添えて焼酎のお湯割りかな。

 

 

こちらは金時豆。

これもオーブンに鍋ごとイン。

甘くせず、塩でコトコトしてみました。

豆は水に浸すところからスタートだから

(農家は豆を撒いて栽培するところからね(^.^)/~~~)

ホントに手順を踏みますね~。

メキシコ料理っぽく使ってみようかな。

 

 

薪ストーブオーブンで

ケーキや、ローストビーフを焼くときには

庫内の温度管理のために

薪をくべるコントロールで目が離せないんだけど

 

コトコトものは超ラクチン(^.^)/~~~

暖房としてストーブを使う横で有効活用です。

 

ついでに冷凍庫の整理もしてみましょう。

 

 

さーて、何だかわかりますか?

「カツオの佃煮風」でーーす!

年末に、新鮮なかつを丸ごとしょってきてくれた友人が

さばいた残り、血合い部分です。

 

さんしょ、生姜、すりごま、鷹の爪といっしょに

フレークにしてみました。

ご飯が進むことでしょう。

 

あ、こちらは、フライパン調理です。

 

今度は何をつくろうかな。

そんな気長な冬を楽しんでいます。

 

ようやく、雪がうっすら積もったよ~~~。