3月14日リリースのAKB48の51枚目のシングル「ジャーバージャ」

 

 

 

 

センターポジションは、1月にメジャーデビューしたSTU48のキャプテンを兼任する岡田奈々が担当する。グッ

 

 

あまり騒がれてないが、安室奈美恵の「Hero」などを手掛けるクリエイター・YKBXが、MV監督を務めることも話題だ。

 

 

 

 

しかし、そんな事よりもファンの間では、同楽曲のカップリングの方が注目度が高い。特にシングル・TypeEでは、AKBグループ及び坂道シリーズから選抜された「坂道AKB」「国境のない時代」を収録しているからだ。

 

 

メンバーにはAKBグループから前述の岡田をはじめ松井珠理奈、向井地美音、坂道シリーズからは、乃木坂46の齋藤飛鳥、欅坂46の長濱ねるらが名を連ねている。



坂道AKBはこれで第2弾になる。前回は2017年2月。その時の楽曲『誰のことを一番愛してる?』は、AKB48の47枚目のシングル『シュートサイン』のカップリングとして収録された。



前回との違いは、センターを務めた欅坂46の平手友梨奈が不参加であること。平手は、紅白で倒れる際に負傷するなど、何かと話題。エッジが効いているが、扱いにくいのかもしれない。



それよりも王道アイドル路線の長濱ねるをセンターに起用した。

 

 

ちなみに第1弾の『誰のことを一番愛してる?』の時は、同曲が収録されたType-Eだけが品切れになっていると、ネット上で話題を呼んだ。



そこから「坂道シリーズあってのAKB」と言うふうに考えるのは、やや浅はかな見方と言える。もともとは前田敦子や大島優子が切り開いた軌道の上に派生したグループだから、大きく見れば同じ「秋元康プロジェクト」だからだ。

 

 

次世代のプロスペクト(若手有望株)を集めたオールスターだっただけに人気が出るのは当然だろう。

 

 

春シングルは、セールスでミリオン割れが一番懸念されるシングル。次は総選挙シングルだから3ミリオン近く売れるので、例年、この季節が一番気を使って、あの手この手で仕掛けてくるのが分かる。

 



『ジャーバージャ』(選抜メンバー)
 

入山杏奈、太田夢莉、岡田奈々、岡部麟、荻野由佳、小栗有以、小畑優奈、柏木由紀、加藤玲奈、倉野尾成美、小嶋真子、込山榛香、指原莉乃、白間美瑠、須田亜香里、高橋朱里、瀧野由美子、田中美久、中井りか、馬嘉伶、松井珠理奈、松岡はな、宮脇咲良、向井地美音、村山彩希、山本 彩、横山由依






『国境のない時代』(坂道AKB)※AKBとの兼任の場合はAKBに表記

 

【AKB48】岡田奈々、岡部麟、小栗有以、宮脇咲良、向井地美音
【SKE48】松井珠理奈
【乃木坂46】大園桃子、久保史緒里、齋藤飛鳥、堀 未央奈、山下美月、与田祐希
【欅坂46(けやき坂46)】今泉佑唯、加藤史帆(けやき坂46)、小林由依、菅井友香、長濱ねる、渡邉理佐

 

 

ブログランキングに参加しております。 
ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ