乃木坂46の西野七瀬さんが初主演するドラマの役作りのためにロングヘアーを20センチほどバッサリ切って話題になっている。

 

 

 西野七瀬さんが、テレビ東京系で連続ドラマ化される桂正和氏原作の『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』(1月スタート、毎週土曜 深0:20)にビデオガール・天野アイ役でドラマ初主演に挑む。

 


 原作は、1989年から92年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された桂氏の代表作『電影少女』(集英社)。

 

 

 高校生の主人公・弄内洋太が不思議なレンタルビデオショップで借りたビデオを再生すると、いきなり美少女“ビデオガール・あい”が飛び出してくるSF恋愛漫画。 

 

 

 



ドラマ『電影少女2018』は、原作から25年後の現代が舞台。

 

 

あらすじは、両親の離婚を機に、叔父の洋太の家で一人暮らしをすることになった高校生の弄内翔が、25年前のビデオテープを再生すると、「ビデオガール・天野アイ」と名乗る美少女が画面から飛び出してきて…。

 

 

「おまえのいいとこ、ひとつめーっけ!」と応援してくれるアイと、翔の3ヶ月におよぶ奇妙な共同生活を描く。 



主人公の翔役には、野村周平が決定。乃木坂46のメンバーとしてグループを牽引するだけでなく、9月に公開された映画『あさひなぐ』で映画初主演を務めた。

 

 

西野は、野村とダブル主演で「一所懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。がんばります」と、気合十分だ。 



ショートカットにして、「乃木坂を卒業したら切ろうかな、と思っていました。良い機会でした。切ってよかったなって。学生時代もずっと長かったから、人生初のショートカットです。ここまで、首が出ているのは初めてなのでスースーするから皆に風邪ひかないでねって言われました」と、感想を話していた。 



25年ぶりに封印が解かれたビデオガールは、「自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。一人だけ90年代のままの女の子」というなかなか難しいキャラクター。

 

 

原作者の桂氏は「天野アイを演じてくれて、ありがとうございます!!昭和のキャラクターをどんな風に魅せてくれるのか、とても楽しみ!!!」と、大きな期待を寄せている。

 

 

 

メモ記事参考

https://www.oricon.co.jp/news/2100610/full/

 

 

 

AD