三谷幸喜脚本で来年1月、NHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」のが放送される。

 

 

 三谷氏にとっては、昨年の大河ドラマ「真田丸」から1年ぶりのNHK時代劇となり、片岡愛之助さん新納慎也さんといった「真田丸」の主要キャストが出演する。

 

 

 原作は、みなもと太郎氏の大河歴史ギャグ漫画『風雲児たち』で、三谷流の笑いとサスペンスに満ちた新しい歴史ドラマが期待される。

 

 

 ストーリーは、江戸中期に、革命的な翻訳を成し遂げた前野良沢と杉田玄白による“蘭学事始”をお題に、史上初の西洋医学書の和訳に一心同体で取り組んだ2人の間に起きた謎に迫るというもの。

 

 

 片岡愛之助さんが良沢、新納さんが玄白を演じるほか、平賀源内役で山本耕史さん、田沼意次役で草刈正雄さんらの「真田丸」で主要人物を演じた面々が再集結し、撮影は今年11月から行われる予定となっている。

 

 

 原作者のみなもと氏は「私のギャグスピリットを最もよくご理解されている三谷幸喜氏の手でNHKでドラマ化されることを、たいへんうれしく楽しみにしております」と愛着ある作品のドラマ化を三谷氏に託した。

 

 

 三谷氏は「僕はこの作品で、歴史の新しい見方を学びました。『風雲児たち』には、今の日本を築き上げた先人たちの感動的なエピソードがぎっしり詰まっています。今回、そのほんのちょっと一部分をドラマ化しました。歴史ファン、みなもとファンとしてこれ以上の喜びはありません」と喜びにあふれたコメントを寄せた。

 

 

 

記事引用

https://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1120480

 

 

ブログランキングに参加しております。 

ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m 

↓↓↓↓↓↓ 

にほんブログ村 テレビブログへ 

 

 

 

 

AD