顔がタトゥーの染料でなすび色に青黒く変色した友寄隆英ディレクター、通称「ナスD」が話題の番組『陸海空こんな時間に地球征服するなんて』が秋からプライムタイムで放送されることになった。

 

 

テレビ朝日系で放送中のリアル冒険バラエティー番組『陸海空こんな時間に地球征服するなんて』(毎週火曜 後11:15※一部地域を除く)が、10月からプライムタイムで継続放送されることが25日、明らかになった。

 

 

『クレイジージャーニー』みたいなものかな、と思って観たら、変なディレクター・友寄隆英さんが取材現場で危険をかえりみず、何にでも果敢に挑戦していく。その姿は驚異としか言いようがない。

 

この番組に登場するどんなタレントよりもユニークな存在だ。しかし、最近では、その色も落ちて映像下降しているという噂もある。叫び

 

 

 

 

ロケ中は、ゲテモノが大好きなのか、コウモリの丸焼きや捕れたばかりの生魚も平気で口に放り込む。

 

酒を勧められると現地の人たちに止められるほど大量に一気飲みをして、その後にぶっ倒れてしまう。

 

極めつけは、彼が「ナスD」と呼ばれるきっかけになった大事件である。

 

ウィトという果実に美容効果があるという話を耳にした彼は、「美容ありがてえ」と言いながら、すかさずそれを顔面や体中に塗りたくった。

 

ところが、彼が果実の絞り汁を全身に塗る様子を見て、現地の人たちはあきれたような苦笑いを浮かべた。

 

なぜなら、使い方が根本的に間違っていたからだ。ガーン

 

ウィトは入れ墨に使われるほどの強力な染料であり、肌に塗ったら最後、どんなに洗っても色が落ちなくなってしまうのだという。

 

2時間後には友寄Dの全身は真っ黒に染まっていた。ガーン

 

 

ナスD効果で人気急上昇↑

 

7月2日にはゴールデンタイムに2時間半のスペシャル番組として放送され、NHKの大河ドラマ、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』、民放各局の「都議選開票特番」といった強力な裏番組がひしめく中で、9.6%という高い視聴率をマークした(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。拍手

 

特に、同じように海外ロケが中心の内容で、毎回20%前後の視聴率を叩き出している『イッテQ』を向こうに回して、この数字を記録したのは「快挙と言ってもいい」と評価するのは作家でお笑い評論家のラリー遠田氏。

 

「ナスD」がこれほどまでに人気を得ている理由の1つは、彼が「半分素人、半分プロ」という立場の人間だからだとラリー遠田氏は分析する。

 

 

 

 

「ナスD」は単なる素人ではなく、素人とプロのハイブリッド。両方のいいところを掛け合わせたような素質を持った逸材だと評価している。

 

その友寄隆英ディレクターは「ありがとうございます。番組が継続することを嬉しく思います」と、直筆メモを寄せて喜びを表した。

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

AD