画像は本日7月2日火曜日の修練画像です、今日も体験の方が一名お越しになりました、そして先日から体験に来られていた三名の方が転籍復帰をされました。エアコンを掛けても熱気が凄い、そして皆さん一生懸命、気が付いたらあっという間に終了時間となっていました。少林寺拳法のルーツは達磨大師にあると言われています、これは技術だけでなく達磨の心が原点になっているのです、七転び八起き、転んでもすっと起き上がれる不撓不屈の精神力を身に付けるのが修行の本質であると考えています、少林寺拳法は子供が習ったらいいと言う話をよく耳にします確かに私も七歳の頃からこの道に入り沢山の事を学ぶことが出来て良かったと思います、しかしながらストレス社会と呼ばれる現代において心の健康、身体の健康をバランス良く維持して行かなければならないのは第一線で働く社会人なのです、初心者で運動経験も無いですが少林寺拳法は出来ますか?と言う質問が多いのですが大阪北道院は社会人の方々が無理なく少林寺拳法を学べるように合理的な修練内容となっています、心と身体をバランス良く修練出来るのが少林寺拳法の強みです、まずは見学、体験から皆様のお越しをお待ち致しております。