段階的な修練

テーマ:

画像は8日金曜日、大阪北道院の基本修練時の画像です、新入門者の白帯が初々しく感じます。大阪北道院では子供や女性の方々が不安無く少林寺拳法を学べるよう基本から丁寧な指導を心掛けています。いきなり自由攻防を防具を付けてさせたりするのは怪我をする率が高くなると同時に形も崩れてしまい技術が身に付かず条件反射で反応する事しか出来なくなってしまいます、先ずは基本をしっかり学んで形を崩さないようにせねばなりません、これは書道の世界を見ても同じ事が言えるのです、先ずはしっかり楷書を学ぶ事から始めて、それが出来るようになってから行書や草書が書けるようになるのです、少林寺拳法で言うところの運用法は、この草書にあたるもの、いきなり子供や初心者に運用法をさせる事は避けなければなりません、教育と言うのは教え育てる事、その教えの部分できっちり時間をかける、手をかける、先ずは立ち方座り方、合掌礼、構え、など基本からしっかり指導をして綺麗な形で少林寺拳法の演練が出来るように指導をしています、これから少林寺拳法を学ぼうとお考えの方々、復帰しようとお考えの方々には先ず基本からしっかりと学びしっかりとした基礎を築いて頂く所から大切にして頂きたいと思います、大阪北道院は見学や体験など随時受付、女性や初心者に優しい道院です、詳細は公式サイトよりご確認頂きますようお願い申し上げます。