文武両道、調和

テーマ:




画像は昨日5日火曜日の修練画像です!大阪北道院では作務の後に鎮魂行、法話と一連の流れの中で毎回実施をしています、私が入門した頃は教典の文言がなかなか記憶出来ず苦労した覚えがありますので、暗記していない子供には必ず教典を持参するように徹底をしています、意味がわからなくても唱和しているうちに興味を持って頂き気が付いたら唱和出来ていた、気が付いたら自分で意味を調べて理解していたの言うのが理想だと考えています。昨日も少林寺拳法の特徴について口頭で説明するよう緑帯、茶帯の子供達に求めましたが誰も答えられず、何の為に少林寺拳法を学んでいるのか、その目標も霞んでいるように思いますので次回修練日までに少林寺拳法の特徴について用紙に纏めて提出するよう指示を出しました。今の時代、武道の技術を使う事よりも、人との調和、知識、応用力を身に付ける方がウエイトは高いのです、 拳法が上手でもその他の事は全然駄目では何の意味もありません、普段から文武両道を目標として掲げ、指導をしているのが大阪北道院の特徴です、唯強ければ良い、形は滅茶苦茶、少林寺拳法の在り方はそういうものでは有りません、先ずは形から入る、そしてその意味を理解する、ここから始めないと少林寺拳法は理解出来ないのです。子供の頃、字は丁寧に書きなさい、親から言われた記憶が皆さん有るのではないでしょうか?読めたらいい、書けたら良い、そういう事ではありませんね、少林寺拳法もそうなのです、突けたらいい蹴れたらいい、と言う事では決してありません、先ずは師の形を学ぶ、これが大切なのです、子供達の構えが悪いのは指導者の構えが悪い、子供達は素直に指導者の形を吸収するのです、これから少林寺拳法を始めようとお考えの方々には修練画像をしっかりと見て頂き特に子供達の修練風景から道院の雰囲気や指導者のレベルを感じ取って頂き、進むべき道を決めて頂きたいと思います、勿論画像では限界もありますので見学や体験にもお越し頂き体感して頂くのがベストです。大阪北道院はホームページより体験、見学、問い合わせなど安全に迅速に手続をして頂く事が可能です、皆様のお越しを一同お待ち致しております!