遺言とは?

テーマ:

こんにちは!

司法書士の川口です。

 

今までは、相続発生後のお話をしてきましたが、今回は生前対策として遺言についてお話しようと思います。

 

遺言というと、よく「縁起でもない」と言われることが多い気がしますが、遺言を書くことで自身の子どもが手続きで困らなくて済むこともありますので、自分は遺言を書いた方がいいのか、書かなくても大丈夫なのかということを考えていただけるとといいと思います。

 

 

まず、遺言というと、よくテレビドラマなどで見るものを連想される方が多いかもしれませんね。

テレビドラマなどで見る遺言というと、亡くなってすぐに遺言が見つかり、内容を読むと「すべての財産を誰々に譲る」というような遺言で、相続人同士で揉めるというような展開が多いような気がします。

 

司法書士になる前は何も考えずに見ていましたが、色々と問題がある遺言だなぁと今は思いますね(笑)。まあテレビドラマなので、普通の遺言だと展開が無いのでしょうがないですが…。

 

さて、テレビドラマなどで見る遺言は「自筆証書遺言」といって、自分で文章のすべてを書くものです。

自筆証書遺言は費用がかからない・すぐに作成できるというメリットもありますが、簡単に作成できるからこそ間違いがあることがあります。

遺言として効力が認められるためには、法律に定められた事項をきちんと守る必要があり、間違えてしまうと無効になってしまいます。

 

ちなみに私は以前、市販の遺言書キットを使って作成した自筆証書遺言をもとに手続きをしたことがあります。

無効にはなりませんでしたが、不動産の記載が間違っていて苦労した思い出があります。

 

個人的には遺言を書くなら公証役場で作成する「公正証書遺言」がお勧めです。検認手続きも不要で、すぐに遺言内容の実現も可能、原本は公証役場で保管されるので紛失の心配も無いですしね。

 

 

遺言があることでスムーズな遺産の承継が可能ですが、法務・税務をきちんと理解し、問題の無い遺言を作成することが大切です。

また、認知症などで判断能力が低下してしまうと遺言の作成が出来なくなってしまうことがあるので、元気なうちに作成しておくことが重要です。

 
 
 
 
ご相談無料!
大阪市内出張無料!
万全のアフターフォロー!