おーさかGKスクール

おーさかGKスクール

大阪を中心に、小・中・高校生のゴールキーパースクールを行っています。

今回の北大阪ジュニアクラスは『ローリングダウン・ダイビング』をテーマにトレーニングしました。


うまくシュートを防ぎたいと思うなら身体を動かすことが大事です。


特にローリングダウンやダイビングは操作を間違えるとプレーの精度の低下や怪我につながってきます。


足の踏み出し方はつま先が行きたい方向なのか。重心も出した足の方にかけれているのか。

など必ず1つ1つの動作には意味があり、そこを理解した上で反復することで上達できます。


そこにボールの動きを観察し、ここだと思うタイミングで持てる力を発揮しシュートを防ぐ。

この意識を持ちながらテクニックを上達させていきましょう。


TERAOKU

今回のテーマは守る準備をトレーニングしました。


いつ、どのような姿勢をとるのかを意識してもらいました。


基本姿勢

つま先をボールに向ける

足幅は肩幅より1足分広く

股関節・膝・足首を軽く曲げる

重心はやや前

手はおへそ辺りの高さで少し外に広げる


このような姿勢をとるから素早くボールに動けるようになるのです。


でもこの姿勢をつくるタイミングが重要で、相手がシュートを打ってくる瞬間につくれるかです。

そのためにボールだけでなく、相手の動きを観ることでシュートが打たれるサインを感じ取り、タイミングを合わることが大切になります。



こうしたことを知っていてもいざシュートの場面になるとボールに集中しすぎて、相手の動きを観察できずにタイミングをとれずに良い姿勢がとれない場面がたくさんあります。

目の前の状況を観ながら、今はどんな姿勢をとるべきなのかが習慣化されていないということです。


相手とボールの距離によって、いつシュートがきそうなのか?ということをもっと観察できる力をつけていきましょう!


今回の北大阪ジュニアクラスは『ディストリビューション』をトレーニングしました。


守備から攻撃になる時、ゆっくりしていると相手は守る準備をしてしまいます。

早く攻撃するために切り替えの早さが重要になります。


その際に攻撃の第一歩となるパスを送るのがGKです。だから、ここのパスはいいパスを送ることがポイントになります。


ここのパスが早さを求めるばかりになって、雑になるといい攻撃ができません。


いいパスを送るためには

・握り方

・足の踏み出し方

・重心移動

・腕の振り方

・ボールを離す位置

などの正しいフォームを習得していかないといけません。しかも同じことを何度も繰り返していかないといけません。


一回一回違う投げ方では意味がありませんので、

反復練習をする時は常にフォームを意識していきましょう。


TERAOKU

今回の舞洲ジュニアクラスは『シュートブロック』のトレーニングを行いました。


間合いを詰めて壁を作り守る。

ここで大事になるのはちゃんとした壁を作れるかです。


近距離の構えをした状態でアプローチし、

相手がシュートを打つタイミングで手、足、身体の3つの壁を横幅広くつくることで守れる確率が上がります。


各部位のポイントは

・身体は捻らずボールに正体する

・足は片膝を畳み、股を抜かれない足幅にする

・手の平はボールに向け、地面の近くまで下ろし膝より前に出す


もちろん近距離で恐怖心もあるかと思いますが、

ゴールを守る!試合に勝つ!という目的を達成するためには大切です。

慣れるまで反復し頼れる守護神を目指しましょう!


TERAOKU



今回の北大阪ジュニアクラスは『守る準備』をテーマにトレーニングを行いました。


GKはどんな状況でも対応していく必要があります。そういう時に頭と身体の準備しておかないといけません。


姿勢のポイントは

・足首、膝、股関節を曲げる

・少し前重心にして足先に力が入るようにする

・手の位置は少し前に出してセットする


この姿勢を意識しながらいつでもどこでも動けるように相手がボールを持っている時から6割は構え、シュートが打たれる時にタイミングで10割に構えるようにしていきます。


あとはその姿勢をとりつつボールの動きを観察し、テクニックを発揮できるように反復を繰り返しどんな事でも対応できるGKを目指していきましょう。


TERAOKU

今回の奈良クラスは『ディストリビューション』をトレーニングしました。


GKはキャッチしたら攻撃の第1歩となるパスを送るポジションです。

だから、このパスは「いいパス」出なければいけません。


いいパスとは味方が次のプレーをしやすく攻撃の流れを止めないパスです。


そのためにポイントは

・ボールの握り方を徹底する

・振りかぶってから早く腕をふる

・ボールを離す位置を的確にする

・味方の動きと合わせてどの辺りに投げたらいいかをイメージする


これらを意識しながら反復をすることで、

フォームが安定し、いいパスを送ることができます。


たくさん練習して、攻撃の第一歩となるパスの質を上げれるようにしていきましょう!


TERAOKU

今回の北大阪ユースクラスは『クロス』をトレーニングしました。


今回で3回目のトレーニングでしたがプレー前に何をすべきかを整理できてません。いくら身体能力が高くてもプレー前の質が悪いと試合ではうまくはいきません。


ボールが動いている間に中の状況を観察し、相手がどう入ってくるのかを予測する。

それを行いながらニア、センター、ファーサイドをみえる身体の向きを作って、どこのスペースも守れる立ち位置をとる。


そういった細部のところを拘りを持つことがとても大切になります。テクニックはすぐには上達できませんが、プレー前の質は意識するだけ高めることが可能です。


日頃から意識して取り組み、守備範囲の広いGKを目指していきましょう!


TERAOKU

今回の舞洲ジュニアクラスは『シュートストップ』のトレーニングを行いました。


ゴールを守るためにONのテクニックだけでなく、ボールが来る前のOFFのところも大切になります。


シューターに対して正しいポジションをとり構えることで可能性をあがります。


ポジションを素早く正確にとり準備するには、相手がシューターがどこにいて、誰が打つのかを認識することが重要です。


そのためにパスとなるボールの動きを観察することで、誰に視点を合わせれば良いのかが分かりやすくなります。ここの流れを素早くできるかで準備の質は一気に変わります。


あとはシュートに対してどれだけくらいつけるかです。テクニックに関してはすぐには上達することはありません。日々のトレーニングをどれだけ反復するかが大切なポイントになります。


少しでも上手くなるために時間の使い方を無駄にせず今、どんなことをすれば良いのかを考えて行動することが上手くなるための近道になるはずです。


常に試合のことを意識し色んな準備をきちんとしていくことを心がけて行動していきましょう。


TERAOKU



今回の北大阪ユースクラスは『クロス』のトレーニングを行いました。


クロスはゴール前に送られるパスになるため、

GKは守備範囲の広さが問われてきます。


守備範囲を少しでも広くするためにはゴールを守りながらスペースを守れるポジションを取ることです。


スペースはニア、センター、ファーサイドがあります。どこにきても守れるように身体の向きを整えながら、前のスペースをカバーできる立ち位置の高さをとっていくことで守備範囲を拡大することができます。


そして、クロスは高いボールや低くて鋭いボールなど球種はたくさんあります。その中でGKは相手より先に奪うことをしていかないといけません。


予測は大切ですが、先に動かずボールの動きを観察して最短、最高打点でカットできるようにしましょう。


キャッチできればこちらの攻撃にすることが可能です。ミスを恐れて消極的にならず積極的にトライし少しでも守備範囲を拡大していきましょう。


TERAOKU

昨日行った舞洲ジュニアクラスの振り返りです。

 

5年生以下は「シュートストップ」をテーマにトレーニングを行いました。
シュートはいつどのタイミングでどんなシュートがどこにくるかわかりません。なので、どこにでもいける準備をする必要があります。
「良い状態ってどんなん?」と聞いたらみんな言えるようにはなってきたので、あとはどのタイミングで構えるのか。どのくらいの準備をしているのがいいのか。
そして、忘れてはいけないのがポジショニングの修正です。
シュートストップだけを切り取ってもやることがたくさんあって困惑するかもしれませんが落ち着いて準備をすればシュートを止めれる可能性が高まります。
一つずつ丁寧にやっていきましょう!

tomo

 

 

6年生は、ビルドアップをテーマにパス&サポートを行いました。

GKがビルドアップに参加する際に考えておいてほしい点は、安全確実な配球をすることです。

無理に逆を取りにいったり、わずかな隙間を通そうとすることは避けるようにしましょう。

相手にボールを奪われた場合、大ピンチを迎えることとなりますよ。

 

ボールを受ける前に周囲の状況を把握し、安全確実に前に進める場所へ配球することを考えておきましょう。

また、フリーだからといってパスを出すまでに時間をかけすぎると、相手選手のマークがより厳しくなり、もっと出しどころを失ってしまうので、テンポ良く配球出来るよう準備の段階で、「ポジショニング」「1秒先のプラン」「コミュニケーション」を忘れ無いようにしましょう。

 

では、また。