長野の戸隠で「山の神」になった男のブルース | 女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健

女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健

女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健の公式ブログです。

 

友達が長野の善光寺に

行ったという話をしたので、

自分が行った時のことを思い出した。

 

 

あれはもう3年ほど前か。

 

長野駅前のホテルに宿を取り、

午前中は戸隠神社に、

午後は善光寺に。

 

そんなスケジュールを組んでいた。

 

 

戸隠神社までは、

長野駅前からバスが出ている。

 

結構な山道を約30分。

 

ようやく着いたのが、

参道前。

 

そこから延々と歩いていき、

途中は「ほぼ登山」のような険しい道。

 

山の頂上部分に、

戸隠神社は神々しく祀られていた。

 

 

無事に参拝を済ませ、

来た道を戻っていたら、

別ルートを発見。

 

湖があるらしい。

 

そちらに進んでみると、

まさかの「熊出没注意」の看板。

 

生まれて初めて見た。

 

 

静かな山中は、

日本屈指のバードウォッチングの

スポットらしい。

 

熊ではなく、

鳥好きのオジさんが、

たくさん出没していた。

 

 

そんなこんなで湖に到着。

 

ここ、キレイ。

 

NHKの大河ドラマ真田幸村の

オープニングに使われたとのこと。

 

この日も晴れ男の本領発揮で、

絶好の景色が堪能できた。

 

 

そろそろ帰ろうと思い、

駐車場にあった地図を確認。

 

バス停はそう遠くない。

 

時刻表を調べても、

まだ45分ある。

 

湖の横にあるロッジで、

季節の写真展を見たり、

トイレに行ったりして、

時間を潰した。

 

 

一応、確認しておこうと思い、

バス停を探しに出る。

 

無い。

 

全く無い。

 

というより、

バス的な乗り物が、

一切通らない。

 

通るのは、

自家用車ばかり。

 

あれ?おかしいなと思い、

ロッジの人に聞いてみた。

 

「この坂道を延々と登って、

どうのこうの」

 

聞いている限り、

この近くではない。

 

どう考えてもおかしい。

 

念の為、聞いてみた。

 

ここからどのくらいかかるのか。

 

「まぁ、ゆっくり歩いて1時間かな」

 

1時間!?

 

いやいやいや。

無理無理無理。

 

バスは一時間に一本なので、

これを逃すと善光寺に行けない。

 

お昼ご飯の蕎麦も食べれない。

 

時計を見ると、

あと30分後にバスは来る。

 

ここで意を決した。

 

よし、走ろう。

 

ということで、

山道を走った。

 

 

斜めがけのポーチ的なものを

持っていたのだが、

走るのに邪魔なので、

小脇に抱える。

 

足元はスニーカーなので、

これは問題ない。

 

問題あるのは、

対向車線からくる自家用車。

 

まさかこんなところで、

ポーチを小脇に抱え、

汗だくでダッシュしている男が、

向かいから現れるとは思っていまい。

 

皆、一様に、

驚いた顔をしている。

 

運転手「今の、見た?」

 

助手席「え?幻じゃない?」

 

運転手「いやいや!見えたよ確かに」

 

助手席「そう?疲れてるんじゃない?」

 

車内では、

こんな会話をしているのだろう。

 

 

こちとら、

そんなこと気にしてられない。

 

バスだ。

 

バスに乗らないと、

この山で遭難するんだ。

 

登り道がしばらく続き、

平坦な道が出た。

 

また少し登り、

景色を堪能する暇もなく、

お次は下りへ。

 

体力は限界に達しているが、

下りを利用して加速する。

 

ようやく大きな道が見えてきた。

 

車も通っている。

 

ここだ、

この道に間違いない。

 

そうすると、

あった。

 

時刻表とほんの小さなベンチだけの、

田舎によくある、あの子。

 

時計を見ると2分前。

 

やった!

間に合った。

 

とりあえずベンチに腰掛け、

あしたのジョーの最終回みたいに、

肩で息をした。

 

バス、来た。

 

運転手も驚いている。

 

まさかこんなところで、

汗だくの矢吹丈が乗ってくるとは

思うまい。

 

クーラーがガンガンに聞いた車内は、

まさかの無人。

 

最後列に陣取り、

シャツを脱いで乾かす。

 

ほんの少しだけ残っていた

ペットボトルの水が沁みる。

 

 

ここまで話すと、

聞いていた友達は、

こう言った。

 

「ケン君、山の神だね」

 

そうか。

箱根駅伝か。

 

感心してる場合じゃない。

 

 

戸隠神社に参拝したにも関わらず、

こんな目に遭ったと思うのか。

 

戸隠神社に参拝したから、

バスに間に合ったと思うのか。

 

どちらとも取れるが、

プラス思考の私は、

もちろん後者。

 

それを聞いた友達は、

こうも呟いた。

 

「それもケン君ぽいよね」

 

 

山の神に守られて?

無事に帰ってこれた。

 

そのおかげで、

この話を方々で出来る。

 

但し、もう二度と山道は走りたくない。

 

 

こんなことばかり書いているメルマガを、

もう何年もやっています。

 

ブログには書かない、

プライベートな話が、

いっぱい見れます。

 

毎週、月水金の21時に配信。

 

うちのお客様の「9割」は、

読んでます。

 

→メルマガの登録はこちらから

女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス