変化が怖いというのは人として普通の感覚 | 女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健

女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健

女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健の公式ブログです。

 

変化が怖い、今までの状態でいたい、

現状から抜け出したくても抜け出せない。

 

個別コンサルで話を聞いていると、

そんな風に言う人がとても多いです。

 

 

本人としては、

それが悪いことだと思っていて、

何とかしないといけないと、

思い込んでいますが。

 

決してそんなことはありません。

 

変化が怖いというのは、

人として「普通の感覚」です。

 

 

人間というのは、

変化に弱い生き物です。

 

慣性の法則が働き、

今の状態を保とうとします。

 

人は習慣で出来ているということを、

あなたも聞いたことがあるでしょう。

 

まさしく、

その通りなのです。

 

 

出来るだけ平穏で、

のんびり暮らしたい。

 

そういう風に思う人が大半です。

 

世界中のお金持ちが、

ゆったりと余裕のある生活を求めるのは、

それが「真の目的」だからです。

 

 

ごく稀に、

変化や刺激が日常的に足りないと、

耐えれない人がいます。

 

そういう人は「特殊」な人なので、

発言が注目されます。

 

そういう人の本には、

変化しないと生き残れないと

書いてあります。

 

それを鵜呑みにすると、

痛い目に遭います。

 

 

先に書いたように、

人間は変化が苦手です。

 

そんな生き物が、

苦手な変化を無理にしようとすると、

大きなストレスが生まれます。

 

ここで悩むのです。

 

 

変化が大事だと書いてある。

 

でも、自分はそれが出来ない。

 

やはり自分は劣っているのではないか、

ダメな人間なのではないか。

 

そんな風に思い込んで、

自暴自棄になるのです。

 

 

個別コンサルでは、

以下のように言うようにしています。

 

 

あなたが変化を拒んだり、

苦手だと思うということは、

おかしなことではありません。

 

むしろ人間としては、

当たり前のことです。

 

無理に変化する必要はありません。

 

そんなことをすると、

ストレスになります。

 

できる範囲で構わないので、

少しだけ「工夫」してみましょう。

 

それで結果的に変わった。

 

そんな風になれば、

今よりも良くなりますよ。

 

 

これを聞いた後、

泣いた人が今まで6人います。

 

こんな発想は、

みんな無かったのです。

 

 

→個別コンサルの詳細はこちら

女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス