仕事ができるようになるには、労働時間を「圧縮」すること | 女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健

女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健

女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、働く女性の仕事の悩み、ネットショップ・ネット通販の開業、起業、売上アップ、成功支援の個別コンサルを解決するコンサルタント 笹野健の公式ブログです。

 

「仕事ができるようになりたいです」と、

会社員の方に相談されました。

 

一番簡単な方法は、

「働く時間を短くすること」です。

 

 

今まで一週間かかっていたことを、

三日でやってみる。

 

二時間かかっていたことを、

一時間でやってみる。

 

一時間かかっていたことを、

30分でやってみる。

 

このように、

時間を「圧縮」することが、

仕事ができるようになるコツです。

 

 

会社員はとりあえず会社にいるだけで、

給料がもらえます。

 

早くやってもゆっくりやっても、

どうせ同じ給料なら、

ゆっくりやろう。

 

そういう人がほとんどです。

 

だから、

いつまでも仕事ができず、

給料も上がらないのです。

 

 

私も会社員の時、

ダラダラやっていました。

 

9時から18時までは

会社にいないといけないので、

わざとゆっくりやっていました。

 

「ギュッ」とすると、

仕事は14時には終わります。

 

それを18時まで引き延ばすのです。

 

時間の無駄だなと思い、

辞めることにしました。

 

 

今の私の労働時間は、

会社員の時と比べて、

4分の1くらいです。

 

長くても2時間、

短い時は0分です。

 

それでも当時より、

遥かに仕事ができるようになり、

収入も増えました。

 

 

仕事なんてせずに、

朝からどんどん出かけます。

 

そうすると、

仕事をする時間がありません。

 

お客さんからのメールは、

毎日来ます。

 

集中力と処理速度を上げないと、

対応ができません。

 

それをずっとやっていると、

勝手に仕事のレベルは上がります。

 

 

会社員でも、

何かと用事を作って、

会社にいる時間を短くするべきです。

 

そうすると、

自分のデスクにいる時は、

全力で取り組むことになります。

 

やることをやって、

さっさと出ていきましょう。

 

そうすると、

周りの評価が変わります。

 

 

デスクにいる時は、

集中してデスクワークをして、

頻繁に外回りをしている。

 

そんな風に「勘違い」してもらえれば、

しめたものです。

 

 

外に出たら、

自由時間を好きなだけ

満喫すれば良いのです。

 

本屋さんに行くのも良し、

映画館に行くのも良し、

どこかで昼寝するのも良し。

 

好きなことを、

好きなだけやりましょう。

 

 

どんな業界のどんな会社でも、

トップクラスの成績を上げる人は、

冗談抜きでこんな人ばっかりです。

 

どこに力を注ぎ、

どこで手を抜くか。

 

それが分かっている人が、

最も仕事ができます。

 

 

あなたもそこに近づけるように、

今日から働く時間を圧縮してみましょう。

 

仕事の成果も、

周りの評価も、

ガラッと変わりますよ。

 

image

 

→個別コンサルの詳細はこちら

ネットショップ・ネット通販の開業、起業、売上アップ、成功支援コンサルタント 笹野健さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス