女性の書く恋愛論にはセックスの項目が決定的に欠けている | 女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健

女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健

女性起業家のアメブロ・ブログ・SNS集客、起業のサポート、働く女性の仕事の悩みを解決するコンサルタント 笹野健の公式ブログです。

 

女性の書く恋愛論には、

セックスの項目が決定的に欠けている。

 

そう思います。

 

 

女性は恋愛を、

一種の学問と捉えています。

 

「恋愛学」というものがあり、

それをみんなで学びましょう。

 

ほとんどの恋愛本は、

そういうスタンスで書かれています。

 

 

実態とは大きくかけ離れています。

 

経済学者の書く経済学と、

実体経済には大きな違いがあるのと、

同じ現象です。

 

 

・大切にされる女性が使う愛され台詞

 

・即恋愛対象外にされるLINE

 

・誰でも出来る恋の駆け引き3STEP

 

・LINEに見え隠れする彼の「本音」とは

 

・本命になれない女性の恋愛NG習慣

 

・彼の持ち物で分かる隠れ束縛度診断

 

・恋の出会いが増える6つの習慣

 

・彼に「最高の女性」と思わせる方法

 

・彼と女友達の親密度を見抜く質問

 

・彼にすぐ飽きられる女性の特徴

 

・褒めてくる男性の心理とは?

 

・合コン初参加の心得5つ

 

 

ある日の、

LINEニュースの恋愛欄に書かれていた、

項目の抜粋です。

 

これを見ると、

女の人って本当に「暇」だなと思います。

 

 

こういうことを全て読み、

鵜呑みにして、

実際に男の前でやってみてください。

 

ドン引きされるだけです。

 

 

男は、女性ほど、

恋愛に興味ありません。

 

そんなこと考えている暇がありません。

 

 

とりあえず、

セックスできたらそれで良い。

 

そういう男が大半です。

 

 

彼女はいらないけど、

セフレは欲しい。

 

そういう男、本当に多いです。

 

 

なぜ彼女がいらないかというと、

単純に「面倒」だからです。

 

頻繁に連絡させられ、

休みの日には会いたいとせがまれ、

手料理を振る舞われたら、

美味しいと嘘でも言わないといけない。

 

普段、仕事で疲れている上に、

プライペートでそこまで求められると、

もはや「拷問」です。

 

 

これが、セックスだけなら、

喜んでします。

 

だってそれは、

オスとしての「本能」だからです。

 

ここが理解できていないから、

女性の書いた恋愛本をいくら読んでも、

彼氏ができないのです。

 

 

本屋さんに行くと、

恋愛本はたくあんあります。

 

ネット上の情報も含めると、

その数は以前よりも大幅に増えています。

 

それにも関わらず、

恋愛に悩む人の数、

彼氏のいない女性の数は、

一向に減りません。

 

そこに書かれていることが

間違っているという、

何よりの証拠です。

 

 

恋愛は、

きれいごと抜きで考えた方が、

うまくいきます。

 

王子様とお姫様みたいな世界は、

小学生で卒業しましょう。

 

男女の仲には、

必ずセックスが絡んできます。

 

それがありのままの現実です。

 

 

→個別コンサルの詳細はこちら