アフターコロナ・ウィズコロナの働き方や仕事の仕方、勝てるビジネス戦略を女性に教えるコンサルタント笹野健

アフターコロナ・ウィズコロナの働き方や仕事の仕方、勝てるビジネス戦略を女性に教えるコンサルタント笹野健

アフターコロナ・ウィズコロナの働き方や仕事の仕方、勝てるビジネス戦略を女性に教えるコンサルタント笹野健の公式ブログです。

起業して12年間で「3,600人」以上の女性の相談に乗ってきました。

おかげさまで、北海等(札幌、旭川、北見)、青森、福島(郡山)、群馬(高崎)、茨城、栃木、千葉、埼玉、東京、横浜、平塚、長野、新潟、金沢、富山、福井、山梨、静岡、浜松、岐阜(美濃加茂)、愛知(多治見、名古屋、春日井、刈谷、安城、岡崎、豊橋、三河安城、一宮)、三重(津、鈴鹿、四日市、伊勢)、滋賀(彦根、大津)兵庫(神戸、西宮、芦屋、姫路)、京都、奈良、大阪、和歌山、岡山、広島(福山)、香川(高松、琴平)、徳島、愛媛(松山)、福岡、長崎、佐賀、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄といった全国各地、上海、タイ、ドイツ、イギリスといった海外からも仕事の依頼が殺到しています。


→個別コンサルの詳細はこちら

 

お喋りな女は嫌われます。

 

理由がたくさんあるので、

心して読みましょう。

 

 

・ストレスが多い

 

お喋りな女は、

ストレスが溜まっています。

 

それを吐き出す為に、

ペチャクチャ喋るのです。

 

他人からすると、

迷惑でしかありません。

 

心や気持ちのコントロールが、

出来ない人なんだなと思われます。

 

 

・人の話を聞けない

 

自分が話すばっかりで、

全く他人の話を聞けません。

 

正確に言うと、

聞く気が全くありません。

 

そういう人の元からは、

人が離れていきます。

 

 

・声が大きい

 

人は、話し続けていると、

興奮して声が大きくなります。

 

一方的に喋っている人は、

必ずこうなっています。

 

気付いていないのは、

本人だけです。

 

注意しようにも、

お喋りが止まらないので、

どうしようもありません。

 

 

・話が面白くない

 

声の大きい人の話は、

絶対に面白くありません。

 

言いたいことを、

一方的に言っているだけで、

話に抑揚がありません。

 

タメもオチも何も無いのです。

 

面白くない話を、

大声で周囲に撒き散らすので、

ダブルで嫌われます。

 

 

・場の空気が読めない

 

この場で自分の話をする必要は、

本当にあるのか?

 

これを聞いたら、

相手はどう思うのか?

 

その「想像力」が欠如しています。

 

 

というように、

お喋りな女が嫌われるのは、

もはや「必然」だということが、

よく分かったと思います。

 

 

あなたがモテないのは、

お喋りが過ぎるからです。

 

上手く話せないのなら、

無理に話す必要はありません。

 

出来ないことは、

やらないことです。

 

 

お喋りな女より、

無口な女の方が、

圧倒的に評価が高い。

 

これだけ覚えておけば、

しくじることはありません。

 

 

→コロナ時代の働き方に悩む人へ3,600名以上の女性が利用した、個別コンサルのご案内です

 

帰宅後すぐにテレビをつけるのは、

典型的な貧乏コースです。

 

 

帰ってきてすぐに、

手洗いうがいをして、

着替えて食事をすれば、

後はお風呂に入って寝るだけです。

 

外で食事を済ませた場合は、

もうお風呂に入って寝るだけです。

 

 

テレビをつけると、

それがスムーズにいきません。

 

ついつい目が行ってしまい、

やるべきことが出来ません。

 

 

すぐに手洗いうがいをしないので、

風邪をひきやすくなります。

 

コロナの感染リスクが高まります。

 

食事の時間が遅くなるので、

胃腸に負担がかかり、

消化不良を起こします。

 

寝る時間が遅れるので、

睡眠時間が削られます。

 

テレビをつけるだけで、

こんなにも「弊害」があるということに、

早く気づくべきです。

 

 

テレビをつける習慣をやめると、

人生が好転します。

 

風邪をひきにくくなり、

コロナの感染も防げて、

食事を取る時間も、

お風呂に入る時間も、

睡眠時間もたっぷり確保できます。

 

体調管理が出来ていると、

他のことも全てうまくいきます。

 

 

最近では、

家にテレビが無い人も多いです。

 

私もそうです。

 

その代わりに、

ほとんどの人が、

スマホをいじっています。

 

外でずっといじっていたのに、

帰宅後もずっといじっています。

 

これでテレビと同じ弊害が起こります。

 

 

私は家にテレビがありません。

 

スマホは一日の半分以上が電源オフで、

帰宅後もほとんど触りません。

 

そのおかげで、

体調はすこぶる良く、

毎日が楽しくて仕方ありません。

 

運気も年々良くなっています。

 

そちらのコースを一度でも味わうと、

もう元には戻れません。

 

 

→コロナ時代の働き方に悩む人へ3,600名以上の女性が利用した、個別コンサルのご案内です

 
楽して稼ごうとする人が、
一番稼げません。
 
「楽して稼げる方法はないかな?」
常にウロウロ、キョロキョロしてます。
 
仕事に対しての「スタンス」が、
良くありません。
 
 
失礼な人が多いです。
 
周りの人が、
こういうのはどう?と、
アドバイスしてあげても。
 
それは今の時代に合わないとか、
なぜか上から目線で言ってきます。
 
 
目の奥は決して笑ってません。
 
口の端が片方だけ釣り上がって、
ニヤニヤしています。
 
顔のバランスがズレています。
 
もうそれだけで、
見る人が見れば、
かなり「不快」です。
 
 
コツコツやることが、
苦手な人が多いです。
 
どんな仕事でも、
いきなり結果は出ません。
 
そもそも売れる要素がなければ、
売れることはありません。
 
 
売れる要素があっても、
継続が必要です。
 
飛行機と同じように、
滑走路を走っている時は、
ずっと平坦で直進です。
 
飛び上がる直前に、
クッと上がります。
 
その為には、
長い長い「助走」が必要なのです。
 
 
身勝手で自己中心的な人も多いです。
 
お客様の為に、
何かをやってあげようという気は、
さらさらありません。
 
それは、
周りにモロにバレてます。
 
 
とにかく、
自分が儲かる為に。
 
自分が得する為に。
 
そんなことばっかり考えているので、
どんどん人が離れていきます。
 
 
失礼で、
継続性がなくて、
超自己中。
 
活字にしただけで、
ダメな感じがプンプンします。
 
 
本人は、
必死に勉強しているつもりです。
 
Amazonのビジネス書ランキングを、
上から順に読んでいます。
 
が、そもそものスタンスや、
立ち居振る舞いが悪いので、
努力が実りません。
 
こういう人は、
実はとても多いです。
 
 
男女の差はありません。
 
男の人にもいるし、
女の人でもこういう人はいます。
 
 
儲かるか儲からないかは、
あくまで「結果論」です。
 
人が、買いたいとか、してほしいとか、
そう思うものを提供して。
 
その対価として、
お金を受け取る。
 
受け取ったお金が多くなれば、
結果として儲かります。
 
この「原理原則」を、
絶対に忘れてはいけません。