親権ってどんな権利?

テーマ:

「親権」という言葉自体は皆さん知っていると思います。

 

では、「親権って具体的にどんな権利?」と聞かれて、答えることはできますかはてなマーク

 

ざっくりいうと、親権というのは、親が未成年の子どもをしっかりとした大人にするために監督したり教育したりする権利と義務のことをいいます。

 

親権ってすごく重要ですビックリマーク

 

財産分与や慰謝料のことを決めずに離婚をすることはできます。

 

ですが、

 

親権者を誰にするかを決めずに離婚をすることは出来ません。

 

そして、親権には、2種類の要素があるんです。

 

①子どもを監督したり教育したりして精神的に発達させる権利と義務

 

 

②子どもが財産を持っているときに、その財産を管理し、子どもが財産を使って法律行為をするときに代理したり同意したりする権利と義務

 

の2種類です。

 

①のことを身上監護権といい、②のことを財産管理権といいますひらめき電球

 

特に①の身上監護権が言葉が難しくてイメージがわきにくいかもしれませんが、

 

お子さんと一緒に生活をして子供を育てていくこと

 

ぐらいに考えてもらえばいいと思います。

 

要するに、親権というのは、①子どもをしっかりと育てて、②子どもの財産をきちんと管理する権利と義務ということなんですね。

 

ここまで読んでいただいて、お分かりいただけたかもしれませんが、

 

「権利と義務」という表現が使われていますよねニコニコ

 

そうです

 

親権は「権」という文字が使われていますが、「権利」だけではなくて「義務」でもあるのです!!

 

むしろ、子どもがしっかりと成長するために監督・教育する「義務」の面の方が強いともいえます。

 

このように、義務という側面が強いので、親権を誰かに譲ったり、放棄したりすることは許されないとされています。

 

ただし、一定の手続きを経ることで親権者を変更することはできます。

 

次回以降では、親権についてもう少し掘り下げてみたいと思います。

 

 

 

 

 

☆吹田市・池田市・豊中市・箕面市・川西市・伊丹市の法律相談なら弁護士法人千里みなみ法律事務所まで。

 

☆離婚、遺産相続、交通事故、債務整理(破産)、不動産問題、損害賠償請求などお気軽にご相談ください。

 

☆ご相談をご希望の方はこちらからご予約ください。

 

吹田オフィス石橋オフィスのいずれでも相談が可能です。