前回は、弁護士に依頼するデメリットについて記事を書きました。

 

今度は反対に弁護士に依頼するメリットを弁護士の目線で考えてみたいと思います。

 

私が思う弁護士に依頼するメリットの一つは、

 

弁護士の知識と経験を利用できることキラキラ

 

です。

 

多くの方にとって、離婚をするのは人生で初めてのことですよね。

 

ですから、

 

そもそも何をしたらいいのかわからない

 

調停で何を主張したらいいのかがわからない

 

どうやって交渉すればいいかわからない

 

自分の希望を叶えるためにどうすればいいかわからない

 

など分からないことがたくさんあると思います。

 

確かに、今の時代、インターネットで調べればある程度の疑問は解決できるでしょう。

 

ですが、そもそもネットの情報は不正確なものも少なくありませんし、あなたにマッチした解決策が書いてあるとも限りません。

 

その点、弁護士は多数の離婚事件を扱っていますので、その弁護士の知識と経験を生かして、依頼者さんに合ったベストの解決策を模索し提案します。

 

オーダーメイドの対応ひらめき電球

 

と言ってもいいかもしれません。

 

依頼者さんから

 

そんな主張できるんですかビックリマーク

 

とか

 

そんな解決策があったんですねビックリマーク

 

と言われることがよくあります。

 

そうです

 

弁護士にとっては普通のことでも、依頼者さんからすれば

 

そんなことはできないと思っていた

 

ということは結構あるんです。

 

また、弁護士に依頼すれば、書面の作成や裁判例等の調査は当然ながら弁護士が行います。

 

弁護士の知識と経験を利用して、自分にとってベストの解決策を見つけてもらう

 

これこそが弁護士に依頼するメリットの一つではないかと思いますひらめき電球

 

 

 

AD