今回は、前記事で頂いたコメントに対する返答です。

右上2番の矮小歯とホワイトニングに関して質問を頂きました。

 

矮小歯:

《ヒトの歯の平均的な解剖学的大きさを基準とした際に、それよりも異常に小さい歯のこと》

その形態から円錐歯ということもある

 

前歯と臼歯の咬み合わせが正しく、歯列が滑らかであったとするならば、本来の歯よりも小さい2番の所には隙間が残ることになります。

隙間を塞ぐためには補綴処置(クラウンなど)が必要になります。

 

上顎の歯列は左右対称を目指しますので、反対側の2番と同じ形態にします。

矮小歯が反対側の健常歯とどれ位の差があるのか?

矮小歯も人それぞれで程度はわかりません。

 

少し盛り足す程度であれば、ダイレクトボンディングも可能かと思われますが、大抵の場合はクラウンになるのではないでしょうか?

クラウンになると多少歯を削ることもありますし、場合によっては神経を取る可能性もあります。

「レジンで盛る」という説明があったのであれば、ダイレクトボンディングが可能なのかもしれませんね。

 

クラウンにも前装冠やジャケット冠、メタルボンドやオールセラミックなど数種類ありますが、前歯で目立つ部分なのでより高い審美性が要求されます。

治療の内容によって、保険適応のものと自費のものがあります。

特に、より高い審美性と機能性を求めて矯正治療した人は、その後の治療も自費を選択されるのではないでしょうか?

 

では処置のタイミングは?

基本的には矯正治療後になります。

矯正治療によって咬み合わせが変わりますし、隙間を調整して左右対称にしないといけません。

ですから、正常な咬合が確立された上で補綴処置を行います。

私の場合は保定期間に移行した後、保定装置を調整しながら補綴処置を行うことが多いです。

 

 

次はホワイトニングに関する質問でした。

矮小歯の補綴処置とホワイトニングの両方を行う場合、歯の色をどうするか?

補綴物の白色を、ホワイトニング前の白に合わせるべきか、ホワイトニング後の白に合わせるべきかということですね。

私も実際に手掛けたことがあるわけではありませんから参考程度にお考え下さい。

 

まず、ホワイトニングも矯正治療後になります。

ブラケット装着時にはできません。

マウスピース矯正ならば同時進行できるかもしれませんが。

 

また、ホワイトニングも効果に個人差があります。

時間が経つと色合いが変わりますし、続けて何度か行う必要があります。

患者さん自身が希望する色合いもあるでしょう。

 

ですから先にホワイトニングを行い、ご自身がイメージする色合いになったら、その色に合わせて補綴処置を行う、ということでいいと思います。

この時の補綴物の色合いですが、ホワイトニングした歯と同程度の色にするか、色の変化を想定してやや暗めの色にするという考え方もあるかもしれません。

この辺りの判断は担当医にご相談下さい。

 

 

※※※

他にも疑問に思うこと、ちょっと気になること、何でも結構です。

お気軽にご相談下さい。

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

 


歯列矯正ランキング