前回、インプラント矯正の目的と効果についてお話ししました。

その中で、

「骨格性の問題に対して、外科矯正なしで治療できる症例も出てきました。」

と書きましたが、いくらインプラント矯正でも、顎の骨を大きくしたり小さくしたりすることはできません。

骨格性の問題を歯の移動で補正できるようになったということであり、これまでは外科手術が必要だった一部の症例が、手術なしで治療が可能になったということです。

具体的には開咬や過蓋咬合などのように垂直方向(上下方向)の不正に対する改善、ですからガミースマイルの改善にも有効だと思われます。

 

長い歯列矯正の歴史の中では、インプラント矯正は画期的な技術と言えるかもしれません。

そんな技術にも、メリット・デメリットはあります。

 

【メリット】

・臼歯の前進がないので、確実な前歯の後退が可能

・リンガルアーチやパラタルバーなどの加強固定が不必要

・非抜歯の可能性が高くなる

・外科矯正が必要な症例が、手術なしで治療可能になるケースが増えた

 

【デメリット】

・インプラントの埋め込みという外科処置が必要

・通常のブラケット矯正よりも、前歯の移動量が大きくなるため、歯周組織に過度の負担がかかる

・別途費用が発生

・矯正治療の途中でインプラントが動揺、脱落することがある

・インプラントのやり直しの可能性がある

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

 


歯列矯正ランキング