バニラビーンズが北欧に帰っちゃうなんて | for All the Young Technopops
2018-10-12 00:31:26

バニラビーンズが北欧に帰っちゃうなんて

テーマ:Favorite Music

10月7日

 

Perfume 青森 DAY2をあきらめ 始発電車でたどり着いた新宿ReNY

 

 

T-Palette Records Presents バニラビーンズに感謝祭 ~Final Innocence~

 

 

入場すると入り口でバニビのふたりがスタッフジャンパー、キャップ着用でジャンピング禁止のビラを配っている 私は気合い入ってるなと見てたけど結構気付かなかった人多かったみたい

 

入場すると番号遅かったので前の方は埋まってる 1段高くなった後方にオショーさんいたのでその横で見ることにする

 

まずはタイムテーブルに載ってないけど タワーレコード嶺脇社長による前説でハコを暖めます

 

続いてNegiccoちゃん バニビといっしょでT-Palettoレーベル最初の所属アーティスト MCではバニビとの思い出を話し「圧倒的なスタイル」ではバニビもステージに登場しいっしょにラインダンス

Negiccoちゃんはこの後新潟に移動して、古町どんどんでLIVEするそうです

 

lyrical school 「ラップをするのは楽しいです」のアイドルさん バニビの「チョコミントフレーバータイム」をかっこよくラップにアレンジしてました

この後大阪に移動してLIVEだそうです

 

アップアップガールズ(仮) 激しい振付のアプガさん MCではバニビとMJ(NHKの歌番組)共演した思い出を話し 「アッパーレー」ではステージ脇で見ていたバニビを引っ張り出しいっしょに踊る。曲が終わったら腰をさすりながらはけていくバニビさん

 

そしてバニラビーンズ1回目のステージ

何を話してたかぜんぜん思い出せない

 

拾ったセトリ

サカサカサーカス

U Love M

ニコラ

マスカット・スロープ・ラブ

ジュエルメモリーズ
エルスカディ

 

TALK(バニラビーンズ・吉田豪・掟ポルシェ)

内容は何も決めてなかったというが さすがバニビのことを知り尽くしたおふたり面白かった

掟さんの「解散しそうなグループに対してファンが何かできることあるか」という問いにレナちゃんが「運営にはファンの熱意は伝わりにくい、LIVEの動員数やグッズの売り上げ等見える数字で伝えなければならない」とこたえてた

ずっと聴いていたかったが時間があるので30分ほどで終了

 

DJ掟ポルシェ

何をかけるかなと思ったらいきなり「天国への階段」言わずと知れたツェッペリンのカバー、バニビ版は間奏のウクレレソロの掛け合いがカッコいいんだけどいかんせん長い ずっとたっていたのでここで一旦離脱

 

東京女子流終わりで復帰 聞いた話だと女子流メンバーがギャン泣きしてたそうだ

 

DJ小西康陽&野宮真貴&バニラビーンズ

御存知ピチカートファイブのおふたり、野宮さんは驚くほど若い感じだけど小西さんすっかりお年を召されていた

ご本人の「東京は夜の七時」聴けて感激

 

バニラビーンズ

いよいよ 最後のステージです

 

拾ったセトリ

Night on the Earth

きっといい場所

チョコミントフレーバータイム

ノンセクション

ワタシ…不幸グセ

プリーズミー・ダーリン

有頂天ガール

Summer vacation

going my way

 

 

going my way前のMCでちょっと涙を流したバニビさん でも気を取り直して最後の曲を歌い終わると 嶺脇社長、kazeproの社長、ちょい悪社長の3社長から花束を受け取る

 

en.

ニコラ

 

アンコールはやはりニコラ 歌い終わった後 上手下手に手お振りに行って最後はマイク通さない肉声で「ありがとうございました」と叫んでステージを去って行きました 

 

 

 

今までありがとう アデュー

 

 

 

ororonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス