いつもご覧頂き、ありがとうございますニコニコ



自己紹介→こちらから

旦那との出会い→こちらから

旦那のブログ→こちらから



旦那家族の家があるサハリン(ロシア)は

田舎ですが、一応サハリン島の州都なので

一通りのものは揃いますOK

(私の大好物、かんぴょう巻きはない)



最近は、ストリップ劇場ができたらしいびっくり

私「さては、行きたいんでしょ」

旦那「行かない知り合いが出てたら嫌だ。

サハリンはこじんまりした街だから…

(たしかに。このストリップ劇場、すぐ潰れるかも)



今日は、サハリン島の中でも有数の田舎から

親戚が遊びに来ました車

お土産は、自家製のじゃが芋とキノコとキュウリきのこ

自家農園を持ち、家にはサウナもあるらしい!

そういう生活も良いかも。(かんぴょう育てられるかな)


{43DBB32E-0CB5-496A-B7E3-2A48221D8571}

(義母姉のひ孫、ダーシャ。

サハリンまで馬に乗って来たわけではない)


親戚1「はじめまして、ビクトルです」

親戚2「よろしく、僕もビクトルなんだ」


ほら、でた!!!



ロシア人の名前って、カブることが多すぎて

名前って何であるんだっけ?

と疑問にさえ思う。


無作為にロシア人10人集めると、

サーシャ(アレクサンドル・アレクサンドラ) 2人

マーシャ(マリア) 2人

イリーナ、セルゲイ、ビクトル 各1人

は必ずいる気がする。(これでもう7人)



我が子の名付けも、

例に漏れず。


名付け時。

義父「アレクサンドルがいいんじゃない?」

私「いやだ!いい漢字ないし」

義父「ビクトルとか?セルゲイは?」


漢字がないから、日本のように

親の名前の漢字を1字取ることもないし

(親の名前そのまま取ることはある)、

「こういう子に育って欲しい」との思いから

名前を考えることも少ないようです。



旦那家族が重視したのは、

名字との相性イメージ

つまり、なんとなくの雰囲気



ビクトル、セルゲイ、マーク等の名前案を

私が悉く却下したように、

私の名前案も旦那家族に却下されましたもやもや


最終的には、

・私が提案した、素敵な日本名(秘密)

・日本名に響きの似たロシア名(アンドレイ)

で、日露合意に至りました。

(アンドレイも、ロシアでよくある名前だけど)



{C35C9D29-A555-46C4-8BEC-C0E202C1526D}
姓名判断。
名字はオルロブスキーだけど、名字が入りきらず!



ちなみに、以前の孫の名前についての記事

(もし私が双子を産んだら、義母の名タマラと実母の名

ノリコと名付ける話。)


実父「そうしたら、ノリタマになるね!」


座布団1枚!の代わりに、彼のブログを紹介します。

父のブログ「手乗り文鳥の手に乗る私」ヒヨコ

注意人の面白さのツボは様々なので、面白いかどうかは
娘はコメント控えます。

以前、たくさんの人に見て欲しかったらしく
自分のアメブロのURLを書いた名刺を作って
友人達に配布していた父。

しかしおちゃめな彼は、
IDとパスワードまで名刺に記載…ポーン
その結果、友人達は、父のマイページにまで
ログインできる状況だったようです笑。

が、ログインしてページを荒らしてやろうと
いうような人は父の友人にはいないだろうし
もしいたとしても、文鳥と父の平和な生活の
記事を読むと、荒らしたい気持ちはどこかへ
消えてしまうような、穏やかなブログです照れ