何のためにサッカーを見に行くのかということについての短文 | SANFRECCE till I Die

何のためにサッカーを見に行くのかということについての短文

何年もサンフレを見に行ってたらもちろん忘れられない試合もたくさんある。

2007年のジェフ千葉相手にロスタイム2失点をして降格を覚悟した試合。
そして、僕に一生サンフレッチェサポでいるコトを決意させた入れ替え戦、天皇杯決勝。
2008年の雨の中2人退場者を出しながらもロスタイムに同点に追いついた水戸戦。
2009年鹿島の連勝記録を止めた試合。浦和にリーグで10年ぶりに勝った試合。
今年のガンバ戦勝利。マリノスに退場者を出しながらも勝った試合。

そして、2010年ナビスコ杯決勝……


でも涙を流せる試合はそう多くはない。
思いつくのは、雨の水戸戦、ゼロックス優勝、ナビスコ杯決勝直後の浦和戦の3つだけだ。


でも、多分そういう試合に巡りあう機会を求めてスタジアムにわざわざ足を運ぶんだろうね。

また国立いきたいなぁ……