あなたは一切のもの(森羅万象)の気に支えられています | 元祖 サードアイ 本音をずばり!

元祖 サードアイ 本音をずばり!

只今、作成中につき、https://ameblo.jp/honmononoreinousha/をご活用下さい。

ヤフーブログ終了に基づき、アメブロに元祖 本音をずばり!を立ち上げます。

あなたは一切のもの(森羅万象)の気に支えられています サードアイ朱雀 霊感・霊視

 

 日常生活で、あなたが何を対象とするかを間違えると、あなたの人生に於いて少しずつ歪みやずれが生じてきます。

 

 気功では、環境の気を体内に採り入れることを採気と言いますが、採気は気功を行っている人だけなく、その人が向ける対象からも気を無意識的に少ないながらも採り入れています。

 つまり、気功を行っている方は積極的に採気を行っていますが、気功をしていなくても気の影響を受けることになります。

 

 パワースポットを求めて皆さんが行かれるのはその理由ですよね。瞑想等でも月や太陽を対象として行うものもあります。或いは、他のものを対象とする場合もあります。

 ここに注意点があります。人それぞれ個性があるように、人それぞれ心身内の気の状態が違います。パワースポットに行かれるのも、瞑想するのも、雑誌や先生の教えがあったとしても、あなた自身の状態を理解した上で行っていただくことが重要です。

 ところで、パワースポットと言っても全てが同じではありません。地場が発生するエネルギーに特徴があり、全てがあなたの身体状態にマッチするとは限りません。気持ちや気分が良いなどのプラスの感覚があるスポットを採用して下さい。気分や体調が悪くなったりする場合は、あなたとは相性が悪いと判断すべきです。

 また、身体が冷える方は月を対象とした瞑想や意識を月に向けることは決してしてはいけません。何故ならば、身体が冷えるのは心身内に気のエネルギーが少ないか、マイナスのエネルギーが多いかです。

 

 例えば、生活習慣が夜型などの場合は、更にマイナスのエネルギーが増えます。そういう方は、マイナスの気を持つ月を対象として瞑想などを行うことは逆効果だと言えます。その場合の対象は太陽です。

 月を対象として良い方は、元気が溢れ、気のエネルギーが多くて強い方です。気功的にはバランスがすごく大切です。プラスマイナスのバランスのために必要なんです。

 

 占い等で、月を対象に瞑想を勧められている先生がいますが、月の瞑想は、全ての方には適用するべきではありません。心身内のエネルギーの状態、性格、カルマなどを鑑みて選択すべきです。

 気功での考え方は陰陽のバランスです。中庸の考え方がベストです。

 

 プラスが多ければマイナスを吸収し、マイナスが多ければプラスを吸収してバランスを取る、これが大切です。バランスを考えて周りを見ていただければ、あなた自身をマイナスの状態に陥ることを避けることができ、更にはプラスに導くことができます(出典)

電話鑑定 メール鑑定.