可能性を見出せ | Hypocolisのブログ

Hypocolisのブログ

フットボールにかんすることを書いていきたいと思います。
フットボールが日本中を幸せにする。


テーマ:
鹿島アントラーズvsセレッソ大阪

{6AD09431-5004-4AE0-B001-F97CB975865E}


試合はグダグダだった。
特に失点の場面がよろしくなかった。

山村をマークしていたはずの植田は、脩斗が関口を抑えたと判断し、気を抜き山村を見失ってしまった。脩斗は中に枚数はいないし、マークが足りていると判断し、関口を追い込んでいたのに簡単にクロスをあげさせてしまった。
2人の気が抜けたプレーは、チームを窮地に追い込み勝ち点3を失わせただけではなく、指揮官のチャレンジを台無しにしてしまった。

石井監督に責任があるとすれば、前節、最終ラインに安定感を出すため曽ヶ端の経験値を重視して起用したはずなのに、それを簡単に手放してしまったことだ。

もしもの話をするのは不本意だが、失点の場面。
曽ヶ端のコーチングがあれば脩斗も植田も集中を切らすことはなかったのでは?と思ってしまう。
チームの軸である、小笠原、西、遠藤を外し、エース金崎がいないなか、チームに安定感をもたらす部分という意味では、配慮が足りなかったのではなかろうか?
ここは、非常に残念だ。

なぜかというと、J1初出場のレアンドロ、J1発スタメンの三竿に、まずまずの手ごたえを感じることができたからだ。

また、中村、永木と今シーズン冷や飯を食わされている選手達も、才能の片鱗を見せてくれていた。

中村はスカッてしまったが、自ら組み立て最後は左足でシュートした場面、シュート以外はイメージ通りだろう。

レアンドロは、吸い付くようなボールコントロールは絶品だし、ギャップを見つけて狭い局面をこじ開けるセンスは、今の鹿島アントラーズやJリーグには見られないプレーだった。
リーグ、初出場であることと、山口とソウザという難敵が相手だったことを考えると上出来だったと思っている。
ただ、右からのカットインは、中に入ってからが非常に窮地そうなのでやっぱり左で使って欲しいが…問題はディフェンスかな。
聖真か中村のように、ポジション二ングとカバーリングの意識を高い選手じゃなきゃ左サイドは崩壊してしまう。。。

レアンドロをトップには使えないものか…
スピードか強さかとあと一つ武器があると良いんだが…

現有戦力をうまく使い回して行かなきゃ、シーズン終盤にガス欠になってしまう可能性が高い。
そういった意味でも勝たなきゃいけなかった試合なだけに、DFの不用意なプレーから失点したのは情けないし、非常に腹立たしい。

次のブリスベン、その後の仙台アウェイをしっかり勝てれば今日の試合は無駄にはならない。
絶対勝ちたい。

勝とう。


Hypocolisさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス