2016年CSに向けて | Hypocolisのブログ

Hypocolisのブログ

フットボールにかんすることを書いていきたいと思います。
フットボールが日本中を幸せにする。


テーマ:

もどってきたリズム

川崎戦、神戸戦には、遠藤と西が右サイド戻ってきた。この2人が同サイドにそろうとアントラーズのサッカーがよみがえる。

遠藤のキープ力と、それを支える西のポジショニング。

本来ならそこに10番の柴崎が絡むと出して、受け手、フォローが抜群のハーモーニーをかなえるが、この日は柴崎は怪我で欠場。

かわりに、永木がフォローの役割を担い、西が出してを担当していた。

ここでキープが出来ると時間がつくれるし相手を押し込める。

ヤスと西がいれば、見苦しいことにはならないはずだ。柴崎が戻ればポゼッション力はリーグNo.1だろう。

ただ、これだけでは必ず勝ち切るのに足りないものもある。

{08C3C8A2-80FF-4824-91FA-2F074028ED2E}


カイオの抜けた穴

 ファーストステージの終了とともに、カイオがチームから去った。

石井アントラーズにおけるカイオの役割は、カウンター時のスピードアップ、フィニッシュ力、オフェンスでのデュエルとこの3つだ。

では、カイオが抜けてから、カイオが担っていた役割に、どのように対応したのだろうか?

チームは、カイオに変わりファブリッシオという外人を補強した。ファブリッシオの長所はデュエルの強さとキープ力、そしてフィニッシュ力もある。あと、展開力もそれなりにある。だが、これらは遠藤が全て持ち得ている武器であり、同じ武器がもう1つ増えたに過ぎない。

また、デュエルとフィニッシュでは鈴木優磨も、そのチカラを発揮しつつあり、この部分についてはカイオ不在の影響はないと言っていい。

しかし、カウンター時のスピードについては、どうにもならない。カウンター時の、カイオ独走という攻め手最大の武器は失われたままである。

スピードという武器はカイオが出ていってからは、使えていないのだ。ようは、単純なことで、足が速い選手がいない。

なので、カイオに変わる選手がなぜ、ファブリッシオだったのか?

Jリーグを知っている選手としては、レナトあたりが適任だったんだが。

チーム不調の原因は

チームは現在、4連敗と絶不調だが原因は、カイオに変わるカウンター時にボールを高速で運べる枠がないことだ。確認していないので想像の話になるが、1stと2stのドリブル距離、ドリブル成功率、ドリブルスピード等を比較すれば明確な差が出るかと思う。

ようは、クラブが補強を間違え、その失敗がチームに大きなダメージを与えているんだ。

新しいシステムを構築するにしても、怪我人が多くチームを組み立てられないし、鹿島というクラブは試合を捨てるわけにはいかない。

この様な状況で、なぜ、監督を批判できるのか?ファブリッシオで監督は納得していたのか?

その辺りが気になるし、もし、ファブリッシオという選択に石井監督が関わっていないとしたら、4連敗の責任は監督とは異なるところにあるというわけだ。

CSに向けて

まあ、幸運なことに今シーズンは優勝決定戦がある。更に幸運なことに川崎戦まで20日間、決勝までは26日もある。ここからチームを組み直すことは十分可能だ。カイオがいないならスピードという武器はない。じゃあ、変わりに何を武器にするのかを考える。

じっくり立て直せる。

頼むぜ石井さん。

{546C4B77-E862-43C7-86CD-4A9B271E5B97}


Hypocolisさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス