片付けの先にある
理想の暮らしをスタイリング
広島 整理収納アドバイザー伊藤オリエです
 
 
 
 
はじめましての方はこちら




 

Before


片付けサポートに伺っていつも気になるのが玄関。


Before


いい運気は玄関から入ってくるというのは有名な話。


Before


玄関先まで来ている運気が入りたくないと思うような玄関になっていないか?

一度写真を撮って客観的に見てください。





Before


おうちまるごと整理収納サポート20時間コースをお申込みのM様。



「玄関が気になったので30分でやりましょう!」とお声を掛けると、M様も玄関が片付けたかったとのこと。


とにかく下駄箱のものを出す。

Before


若い時に履いていたブーツや
お子様が赤ちゃんだった時のくつが出てきました。


after



結局1時間弱かかりましたが
ミニマリストか!ってくらいすっきりした下駄箱に。


招き猫も喜んでます!



神棚があっても家が汚かったら神は宿らないと私は思ってます。


パワースポット巡りするなら
まず自分の身を置くおうちを
最高のパワースポットにすればいい。

片付けの先にある
理想の暮らしをスタイリング
広島 整理収納アドバイザー伊藤オリエです
 
 
 
 
はじめましての方はこちら






自宅収納見学セミナー開催のお知らせ


片付けのノウハウも入れつつ
どんなことに気をつけておうちをデザインするか
どんな私をデザインするか

それはあなた自身の手で変えることができます。



ただ片付けるだけでは満足しない!
もっと雑誌やSNSのおうちみたいに素敵にしたい!


そんな方にぜひ!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


理想の暮らしを手に入れるための
Orie The method
〜My lifestyle seminar〜


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





[こんな方におすすめ]
片付け方がわからない
どこから始めたらいいかわからない
自己流でやったけど しっくりこない
片付けているけど満足しない
収納用品を買って失敗したくない


[募集人数]
3名


[開催日]
2021年4月28日(水) 13:30〜15:30 3名→満席
2021年5月27日(木) 13:30〜15:30 3名→満席
2021年6月26日(土) 13:30〜15:30 3名→満席
2021年7月26日(月) 13:30〜15:30 3名
2021年8月28日(土) 13:30〜15:30 3名→残1名
2021年9月28日(火) 13:30〜15:30 3名→残2名


[開催場所]
広島市安佐南区
場所はお申込後ご連絡致します。


[料金]
5,500円 税込
当日現金にてお支払いください。


[お申込み]


お子さま連れでも可能です


ご参加お待ちしております音譜


片付けの先にある
理想の暮らしをスタイリング
広島 整理収納アドバイザー伊藤オリエです
 
 
 
 
はじめましての方はこちら



へその緒

みなさん、どうしてますか?



自分とわが子のへその緒。

自分と母のへその緒。



それぞれ誰のものなん?



へその緒問題に何年も悩ませれて来たんですが
捨てることにしました。



可燃ゴミにまず捨てたんです。


ん?なんか心残り


わが子が自分のへその緒がどんなものかも知らないのは後々後悔しそうなので私が後悔しそう)
やっぱりゴミ箱から取り出し
息子2人にへその緒を見せました。


小学2年生のダウン症次男には
「これ、おへそ。へその緒。
これはお母さんのへそと、あなたのへそが繋がってたんだよ」と説明して見せてあげたら
「わーーぃ爆笑」となぞの喜び。



長男は「キモっ!ムカデが干からびたみたい」と。



「へその緒、いる?」と長男にたずねると
「いらん」と。



へその緒って木箱に入っててなんか大事にしなさいよ感を漂わせてるんですよね。



GUCCIルイヴィトン紙袋が捨てられない感じとなんとなく似てる。笑





なんか世の中
伝統的な風習のものとか
お祝い事のものって
捨てにくくないですか?



親に買ってもらった雛人形、五月人形、こいのぼり
親に買ってもらった嫁入り箪笥
親に買ってもらった着物
お守り

結婚式でもらったご祝儀袋とか電報をずっと取ってます、という方もいらっしゃいます。



育ててくれた感謝から
親から子に受け継ぐものって
なんか悪い気がして捨てにくいものです。






ゴミ箱から取り出して息子に見せて
さぁ捨てようと思ったときに
歯が抜けたときと同じように庭に投げればいいんじゃない!と謎のひらめき。


ゴミに捨てるなら
へその緒、土に帰れ!と思って。
ホントただの思いつきです。






以前から色々ネットでへその緒問題について調べていたんです。


へその緒を渡されるのは日本くらいなのだそうです。


海外で出産した人は貰わなかったと書いてありました。




あと、命の危険が迫ったらへその緒を煎じて飲ませる説。


ねー命に危険が迫ってる時にへその緒煎じないでしょ!
病院連れて行くわぁー。

へその緒煎じて飲ませたら生き返ったという人がいたら教えてください。




あと


棺桶に入れて一緒に焼いてもらう説。

これは命が尽きて、天国か地獄かに振り分けられるときに、閻魔様(えんまさま)に
「私は子どもを2人産んでます。このへその緒がその証拠です。」と見せれば天国に行かせてくれるという話。


子ども産んでる産んでないで差別するなや!
と私は思うけど。



 
ということで
わが子に負の遺産を残さないために
わが子と納得して庭に投げることにしました。
埋めるんじゃなくて投げるってところが雑ですが…

 

あなたのへその緒はどこでどうなっていますか?
へその緒がどうなっていたら、あなたは幸せですか?



 



片付けの先にある
理想の暮らしをスタイリング
広島 整理収納アドバイザー伊藤オリエです
 
 
 
 
はじめましての方はこちら







時間に追われ、 子どもの物が増えがちな子育て中は 家を片付けるのも一苦労。



片付けのコツを聞いて、
すっきりとした ゆとりのある生活を手に入れませんか。



子どもの成長に応じた環境づくりや 声かけのポイントも学びます。









片付けの先にある、理想の暮らしをスタイリング
 『毎日が忙しい子育てママのためのお片付けセミナー』


日時:2月4日(木)10:00~11:30

会場:ちゅーピー住宅展示場 日興ホームモデルハウス
〒733-0833 広島市西区商工センター8-12-12

参加費:5,500円 (お茶会付き)

募集人数:5名 

お申込:こちらのお申込みフォーム 
または下の伊藤オリエのLINEよりご連絡ください。
(①12月14日セミナー②お名前③電話番号④その他メッセージ)








【当日のスケジュール】
▫️10:00~11:00 ママのお片付け講座 
▫️11:00~11:30 お茶会 
(飲み物と焼き菓子をご用意しています。 アレルギーのある方は教えてください。)









 










片付けの先にある
理想の暮らしをスタイリング
広島 整理収納アドバイザー伊藤オリエです
 
 
 
 
はじめましての方はこちら







うちの主人の冬服の私服は
トップス2枚、ボトム2枚しかありません。

それで足りるのかと聞いても
足りてる」と答えます。





仕事はスーツなのでスーツは6着。
冬用夏用はなく、年中使えるスーツを6着持っています。




休日服を2枚ずつしか持っていないので、
2〜3年で消耗して買い替えています。




ゴリゴリにおしゃれな夫ではありませんが
昔流行った服をいまだに着ています!みたいなことはなく
今のデザインのものを歳相応に着ている感じです。


20代の輝いていた頃の服をいまだに着ている夫じゃなくて本当に良かったと思っています。






この前、信号待ちをしていたらイケメンを発見。
わぁ💕この人カッコいいーと思って見ていたら、ジーパンを腰履きしていて一気に冷めました

まぁ、余談です。
すみません。






夫の休日のくつは1足のスニーカーのみです。


これも、それだけで足りるのか?と聞くと
足りる」と言います。


それは以前パーソナルスタイリストの宮本彩さんと同行ショッピングをしてもらって、このスニーカーならOK!と言われたものなので、やっぱり履いていても全体のトータルバランスが良いんです。






会社とかでいつもはスーツでビシッと決まっていてかっこいいんだけど
社員旅行で普段着を見ると残念な服装の人っていませんか?
なんでこの靴なん!って言う靴を履いてきている人とかを見るとなんだか切なくなります。







主人は昔からそんなに服が少なかったわけではなく、昔はもっと持っていました。



5年前のことですが
「一緒に洋服の整理しよう!」と誘って
お互いの服を全部クローゼットから出して「好きで使っているものだけ」を選び取ったんです。



お互い「これどう思う?」とか聞きながら。
「もう、それ、ヨレヨレってなってるから、さよならしていいんじゃない!」とか
「それずーっと着てるから、もぅやめたらいいのにーって思ってた」とか
お互いに客観的な意見を聞きながら整理しました。




それから主人の服の枚数が安定して
今の数になりました。




大学の体操服さえも捨てられないと言っていた主人は、今は私よりもミニマリストです。