イタリア食の旅 | オーガニックレストランsizen(シゼン)のブログ

オーガニックレストランsizen(シゼン)のブログ

オーガニックレストランsizen(宮崎市)のオーナーが綴る日々の出来事のブログです。


テーマ:
ご無沙汰してます(^ ^)

さて料理人の方で、自身の腕や技を磨く方は、世の中にほんの少しはいますが、色んなお店に行って、食べて感じて再現して…と行動してる方は皆無。

だって普通、働いている方がほとんどですから行けないですよね( ´Д`)y━・~

だけどボクは思います。本を読んで、新しい料理に挑戦してる方はまだいいですが、毎日同じ様な仕事のルーチン作業をやっていて、大きく成長する訳がありません。
お客様は、色んな人気店や有名店をはしごして、店の雰囲気や接客、料理や価格を他のお店と比較してるのにも関わらず、ほとんどの料理人は、1年前とほぼ同じ知識とほんの少しだけレベルアップした調理技術しか進化してません。
単にお腹を満たすだけの食事はとっくに去り、インパクトや楽しさなどのエンターテナー、健康や機能性のある料理、そして食材に対する配慮や社会的意義を感じるレストランへなど物質的なモノから精神的なモノへとシフトしてます。

料理人はそれでいいのか…
お客様の要求を満たせない。
それでは目標に届かないし、夢を叶えることも難しいし、料理が好きなら動くはずですが、そこまでの情熱もないのでしょう。
なんかボヤキになってます…笑

”百聞は一見にしかず” 
ボクは、料理人ではないですが、料理人と同じくレストラン経営の務めとして、毎日、自身の見聞を広める為に県内や県外の人気店や有名店を自費で視察しています。料理やサービスはもちろんですが、店のシステムやレイアウト、食器や立地、そして店のコンセプトや理念など非常に勉強になることがあります。

未経験を体験することが大切で、ボクは、未経験が新しい自分を発見し、イノベーションやホンモノと言われるモノ創るきっかけになるのだと信じています。
で、話が長くなりましたが、ここまですべて前振り。

という事で先月、イタリアに行ってきました。遊びではないですよ(´д` その時の食レポデス


{4A9C20CB-0435-462A-8D0F-556EE1CD8CB7}
初イタリアの街は、ファッションの都ミラノ
イタリアに到着して、初めて食べたミラノでの食事がコレ。リーズナブルなので地元でも人気のお店。この生ハムをドサッと載せただかけのシンプルピザがとってもボーノ(Buono!)(*゚▽゚*)

{6D35D81F-1BA2-4154-A8C5-FED33CC6BC05}
これも同じ店
平らな極太麺のパッパルデッレ。
写真がへたっぴで美味しさが伝わらないですね。地味そうですが、これもかなり美味!

{C99484E2-7899-4EC8-9841-E946F4C4351D}
街ですれ違う人々が映画スター
話が少しそれますが、ミラノ人は顔も服装もオシャレ&美人でカッコイイ。なぜなんでしょうね、不思議。同じイタリアでもイタリア南部のナポリ人と全く垢抜けさ?が違いましたね。

あと少し観光の話も…
ドォーモというのは、イタリア各地域にありますが、写真がミラノにある有名なドォーモ(大聖堂)。ちなみに料金はかかりますが、上まで階段かエレベーターであがれて、ミラノの街並みが見れます。
※イタリアすべての観光施設はとっても混むので、見るなら朝早くがオススメ

{B8E07969-F69A-40A6-89F5-04A0560430D2}
ミラノの次が、水の都ベネチア
写真はカラフルな色の家で有名なベルーノ島。知ってますか、ベネチアは車でなくすべて船で移動します。びっくりポン!

{4A66C3E6-7652-418E-A6DA-4B5238BD9330}
行こうとしてた店が一杯で入れず、がっかりしてとぼとぼ歩きながら探してたら、雰囲気の良さそうなお客様の多い店を発見して入ったレストラン。
やっぱりベネチアと言えば魚介類。で、食べたイカ墨パスタ。ウマイ!写真はないけどビステッカ(ステーキ)も美味しかった。

{F858599D-4338-4D69-B481-4B4B878D9636}
次に行った都市は、芸術の都フィレンツェ
これは、フィレンツェで超有名なレストランのビステッカ(キアナ牛のステーキ)。これを食べ慣れると日本のステーキは、薄切り肉に感じますね。

{40EEA841-3CBD-422D-98C9-C83A448A0966}
ラム肉のカツレツ風
ラム肉が苦手な方は、少し苦手かもですね。ワインに合いました。

{9A6A876D-046B-45CB-A492-01B1981F43E4}
ミケランジェロ広場
フィレンツェ市街が一望できるスポット。
フィレンツェ中心市街から歩いて30分くらい。思わず撮ってしまいました。

{0F26943F-8D98-4F65-853C-0A69D732E4B7}
フィレンツェ市場
2階フードコートで食べたキャビアのパスタ。市場なんだけど観光地化されていて、めっちゃ人が多い中席を確保して食べました。

{EBA842E3-6DF7-4EB0-BEC3-83344432FA56}
超シンプル!
実は僕らは、インパクトを食べに来たのかもしれません。
これ、イタリア中部のペルージャの小さな街で食べたウンブリア名物?のパスタ。お店には怒りっぽい名物?マンマがいました。
実はあまり進まなくて残してしまいました(T . T)
マンマ、ごめんなさい。

{23D5F99F-2ACD-463F-B0D8-9AD58A1BDB87}
翌日はお口直しに(笑)
ペルージャ大学のある旧市街にある半径100キロ圏内で採れた食材しか扱わない人気のorganic Restaurantに行きました。今度は失敗しないように念入り調査(笑)
ちなみに、うちのsizenも考えた事ないですが、半径100キロ圏内の食材しか使ってないですよ。
写真はトリュフオイルのパスタ。トリュフの香りが、ほのかに香る美味しいタリアテッレでした。

{8F7C1409-810D-41B6-99F8-8627AFFB2D95}
このお肉もかなり美味でした

{9A90C9A7-E07C-4810-9056-398E57259D88}
前菜盛り合わせ
オーガニックワインがすすみます。

{8A2635FA-ABD8-42FF-AC78-AB1CD8E25B8E}
さすがスローフード発祥の地イタリア
調味料はすべてオーガニック(organic)。素晴らしいコンセプトですね。

{26006712-83C6-4595-9D2F-DBEEEE0BA1F0}
店の雰囲気
ディナーがオープンして直ぐに満席となり、あとのお客様は順番待ちでした。

アマルフィへつづく

レストラン シゼンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス