ザンジバル ロックレストラン(The Rock Restaurant) | オーガニックレストランsizen(シゼン)のブログ

オーガニックレストランsizen(シゼン)のブログ

オーガニックレストランsizen(宮崎市)のオーナーが綴る日々の出来事のブログです。


テーマ:

6月、オーガニックレストランsizenの梅雨休みを利用して

宮崎→羽田(1時間)→ドバイ(12時間)→タンザニア(6時間)


世界の一度は行ってみたいレストラン

ザ・ロックレストラン(The Rock Restaurant)

でランチをしてきました。


タンザニアの最大都市ダルエスサラームから高速艇で3時間弱。

かつて黒人の奴隷貿易中継地点として栄えた

ザンジバル島(Zanzibar)にあります。


港につくと同じタンザニア国内なんですが入国審査。


順番に並んでいると、現地のおじさんに

黄熱病の検査済みの黄色い紙を要求されます。


日本から直接来た場合は必要ないのですが、

日本人はカモに見られているようで別室に来るように言われます。


大体はそこでいくらかお金を請求されて解放されるらしいです。


当然いらない事は分かっていたので、

必要ないと英単語でキッパリ拒否。ちなみに全く英語はできません。


すると港の職員もグルな感じで別室へ行けという始末…。


ちょっとたじろぎながらも

地球の歩き方に載っている日本大使館の電話番号を見せて、

ここに電話しろと粘ると諦めたのかすんなり通してくれました。


あれぇ?


何事も経験ですね。

下準備の大切さを感じます。


そんなドラマがありながら

港を出て徒歩でホテルへ歩く


さっきの面倒なやり取りを忘れさせられる青い空と青い海

わかんないけど何となくアフリカを感じたり…歩く


目的の場所は、ホテルで車をチャーターして

ホテルから車で1時間半くらい東へ走った所にありました。


     ジャーン!

  何じゃコリャーッッッ!!


初めて見る方はそんな感じですよね。

岩の上にレストランが乗ってるんですよ。


どうやって行くの?


事業をする上でこういう発想を忘れてますね。

写真でなくやっぱりこういうのは、自分の目で確認したかったんです。



テラスはこんな感じ。


カップルと家族のグループ。

アジア人はいません、全員が欧米人でした。


頼んだのは海鮮の盛り合わせ。

日本円にして7,000円くらいでしたが、超ー豪華!!

日本で食べるより安かったですね。


やっぱりアフリカキリンですから、

飲むのはアフリカのスパークリングワイン!

ウマーいヘ(゚∀゚*)ノ

環境、立地、建物、料理、サービスのすべてがグッドshokopon

経営者のセンスを感じます。


こんなに遠く離れた場所でも

世界から人を惹きつける箱・サービスは人を魅了します!


あまりにも常識に囲まれて日々を過ごしていると、

子供の頃には誰もが持っていたはずの遊び心を忘れてしまってますね。

もっと遊ばなくちゃ(・∀・)


世界遺産にも登録されているストーンタウン。

ゆっくりとは見学できませんでしたが、雰囲気は最高です。




ザンジバル島の夕陽


道路は、小さい道が入り組んでて迷路のようでした。


お土産物屋さんや日曜雑貨屋さんがありました。



こちらはザンジバル島の空港

ここからアル―シャへという街へ

12,3人乗りのセスナで出発しました。


つづく

レストラン シゼンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス