G様から宿題もらいました | 原発性腹膜がん4bと元気に闘う「にんじん」おばさん日記

原発性腹膜がん4bと元気に闘う「にんじん」おばさん日記

腹膜がんステージ4bの還暦過ぎたおばさんです。旦那さんいない、子どもいない。90過ぎた父と90を目前の母を見送るまでは、   死んでたまるか〜っ!と、過ごしている記録です。

2019年9月20日 夜

今日は、マックスバリュの5%オフデー。施設の両親を訪問した帰り、

スーパーに立ち寄ってG様の好物の里芋を買いました。

明日は、里芋の煮っころがしを作って、施設の夕食に合わせて持て行きたいと思います。

 

G様の体調・・・熱が下がらず、食べ物をあまり受け付けません。

自宅から梅干しを持っていきましたが、ご飯は食べずに、種をとった大きな梅干しを1コをジックリ味わい「梅干って、こんなに美味しかったっけ〜」とたいそう満足げでした。夕食に出された冷ややっこは完食するも、

ほか噛むものは「歯が痛い」といって他のお皿は拒否。

持って行ったプリンは1/4ほど食べましたが、「もういい・・・」と。

薬は昨晩同様、1日分のビタミン・グレープフルーツ味で飲んで

もらいました。

 

ところで、父から「お願いがある」と切り出され、宿題が出されました。

長い話しを短くすると、G様が旧制中学校4年の時(5年生まであったけど、1年上の5年生と一緒に卒業させられ、その後は学徒動員で知多半島や名古屋での戦闘機製造に駆り出された)、高等数学を教えてくださった先生の最後の授業を今になって、ふと思い出したそうです。

太平洋戦争の戦況がひどくなり、14歳と15歳が同時に学校を卒業させ

られるのですが、数学のシノザキ先生が、最後の授業を猛烈な

駆け足で教えたので、よく理解できないまま卒業した、とのこと。

実際内容がなんだったのか、今になってから気になりだした、と

いうのです パック

だから、わたしに どうしろというの〜ニヤニヤ

 

あ~ 主(しゅ)よ~叫び」 と神様にお祈りして、パソコンで調べると

古本屋さんから「昭和12年 1937 古書 旧制中学 数学 教科傍用 3.4年の幾何と三角 三精堂」が売られているではありませんか。

G様が9歳の時に出版されているものです。時代もドンピシャリ!びっくり

しかも店舗の名前が「堂・・・ 目 ・・・ふりがな省略

ボス(神様)〜、笑わせてくれるじゃ〜ないですか笑い泣き拍手

 

みなさん、最近 笑えてますか?

パーみんな元気にな~れ!バイバイ