グランドピアノのある家・・・ 外観の特徴 | オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 │ おーがにっくな家ブログ

オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 │ おーがにっくな家ブログ

「オーガニックスタジオ新潟」社長のブログ。かっこいいエコハウスを提供するために日夜奮闘中。役立つ「家づくりの知識」は、オーガニックスタジオ新潟のHPにて更新。このブログでは個人的な関心ごとと「工務店経営」についてがテーマ


テーマ:

日本エコハウス大賞とは、
「意匠(デザイン)と性能の両面で優れた住宅を表彰する、設計実例コンテスト」

グランドピアノのある家「中野山の家」が、

2018年度の大賞候補の4作品に選ばれましたので、シリーズでご説明していきたいと思います。

 



まずは 外観のデザイン面の特徴をまとめてみます。



飯塚さんのプランニングの特徴は
「間取りよりも、ボリューム(外観)から考える」ということです。

外観とは建物の輪郭のこと。特に屋根を最初に考えるべきだという。
屋根は、雨風から、太陽の日差しから建物と暮らしを守るための根本的な機能です。

前回の「笹口の家」もそうであったが、新潟は雪が降ることが特徴である。
落雪への配慮を真っ先に考えています。

今回の敷地は、西側に水路があったため、ゆったりとした大屋根でほとんどの雪が水路に落雪するようになっている。

 


そして、正面は「妻」になるので雪が落ちてこない。
ウッドロングエコの杉板と、焼杉のコンビネーションで軽やかにして、縦長窓で壁面を広く取り、シンプルに仕上げている。


南側の窓は窓も、笹口の家と同様に、引違い窓を繰り返すことによりリズムを設け、
1階の三連窓は、小庇と方立を黒く塗ることで、一体に見せるようにしている。


冬の日射取得を最大化させるために、合計で5つの窓が表情と、低燃費を作り出している。

大屋根に守られた、デッキインの玄関ポーチと、南側のリストアップされたウッドテラスは舞台のようである。


建物に合わせ、駐車場や庭のデザインも抽象的な表現になっている。
正面の駐車場は、車の轍部分のコンクリートと、車の乗らない緑化部分をストライプで処理している。
庭も、グランドピアノをモチーフに、見切りの石がピアノの形になっている。
 

相模 稔 |オーガニックスタジオ新潟 代表取締役さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント