→ヒャダイン(前山田 健一(36)) | オレサマのブログ

テーマ:
<日 1:45:53~02:05>



バカだなコイツは…

何でゴシックとロックが共存してんだよ!?
コイツのゴシックの定義を知りたいわ!?


前山田 健一
2014年、MTV Video Music Awards Japanにて

基本情報
別名 ヒャダイン
生誕 1980年7月4日(36歳)
出身地 日本・大阪府
学歴 京都大学総合人間学部卒業
ジャンル J-POP
アニメ・声優
アイドル
コミックソング
職業 音楽プロデューサー
作詞家
作曲家
編曲家
シンガーソングライター
司会
担当楽器 ボーカル
シンセサイザー
キーボード
活動期間 2007年 -
レーベル Lantis
事務所 ファイブエイス(音楽家として)
スターダストプロモーション(歌手・タレントとして)
公式サイト HYADAIN Official Website
前山田 健一(まえやまだ けんいち、1980年7月4日 - )は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家である。身長169cm。
大阪府大阪市住吉区出身。歌手やタレントとして活動する際はヒャダイン名義を用いている。ファイブエイス所属。ヒャダイン名義ではスターダストプロモーション所属。
経歴 編集 父親は沖縄県石垣島出身のカメラマン[1]。3歳の頃からピアノを始め、中学の頃にはシンセサイザーで打ち込みを始めるようになる。大阪星光学院高等学校から京都大学総合人間学部に進学し、京都アカペラサークルCrazy Clefでアカペラを始める[2]。
卒業後、作詞家松井五郎[3]への弟子入りを経て、2007年より事務所に所属し本格的に音楽活動を開始するが、鳴かず飛ばずの状態だったという[4]。
この頃にニコニコ動画に出会い、投稿された動画に刺激を受け、ヒャダインの名前で投稿を始める[4]。ゲームのBGMをアレンジし自作の詞で歌った曲は口コミやSNSなどを介して徐々に広がり、日本国内のみならず世界各国からアクセスが増加、好意的な反響を得るようになる。こうした反響が本人にとって自信となり、これが転機となってSUPALOVEに移籍、以後J-POPやアイドルソング、アニメソングなどをはじめとする幅広いジャンルの楽曲を手がけるようになり、数々のヒット曲を生み出すまでに至る。オリコンシングルチャート1位獲得の快挙も成し遂げた。
当初、「ヒャダイン」としてはプロフィールを公開しておらず、その素性は謎とされていたが、2010年5月5日のヒャダイン名義でのブログにて「前山田 健一」個人である事を告白[5]。プロであることを告白した後もヒャダインとしてのニコニコ動画での活動は続けており、その一方で正体を明かしたことにより前山田健一としての顔出し出演も増えた。
2011年4月、テレビアニメ『日常』のオープニングテーマ『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C』にて、歌手としてヒャダイン名義でもメジャーデビューを果たす[6]。同作では前山田名義にて作詞・作曲・編曲も担当した。レーベルはランティス。
2011年7月25日、自身のTwitterアカウントにてスターダストプロモーション芸能3部と業務提携を結んだことを発表した。
2011年8月27日、さいたまスーパーアリーナにおけるAnimelo Summer Live2011に出演。2万7千人の前でパフォーマンスを披露した。
2012年4月30日、自身のTwitterアカウントにて2012年5月からファイブエイスに移籍することを発表した。スターダストプロモーション芸能3部との業務提携は継続。
雑誌「GQ」主催により2012年11月19日発表された「GQ Men of the Year 2012」を受賞。2012年に活躍した男性として織田裕二・村田諒太・北島康介・有吉弘行らと並んで選出された。
2013年1月28日付オリコンシングルウィークリーチャートにおいて自作曲がTOP10内に3曲ランクインするという快挙を成し遂げた(3位 私立恵比寿中学「梅」、9位 ゆず「REASON」(共作)、10位 でんぱ組.inc「W.W.D」)。
2014年12月27日公開の能年玲奈(現・のん)主演映画『海月姫』の劇中音楽を担当することが発表された[7]。
人物 編集 自身の音楽性に関して、ピチカート・ファイヴなどのいわゆる「渋谷系」と呼ばれる音楽から多大な影響を受けたと語っている。[要出典]
好きな女性の宇野実彩子が『musicる TV』にゲスト出演する際は、自身が彼女に対して「いつもね、お世話になっております。好きです本当に」[8]「(二人の関係は)片想い」と告白したことが明らかになっている。[9]
2012年には野宮真貴のデビュー30周年記念アルバムにプロデューサーとして参加している。この時担当した『ベイビィ・ポータブル・ロック』は前山田が最もプロデュースしたかった曲で、レコーディングの際には自分がアレンジした曲を歌っている野宮の姿を見て涙を流した。30周年特別サイト内のお祝いコメントでも涙ぐみながら感謝の言葉を述べている[10]。また、3月19日に行われた30周年記念ライヴにもゲストとして参加した。
小室サウンドに衝撃を受け小室哲哉が開発に関わっていたEOS B700を購入。これが最初に買ったシンセサイザーである。後に、2013年12月4日にはiTunes限定で、小室哲哉との共作で当機のシンセサイザーのみで作曲・編曲された小室哲哉 VS ヒャダインの「22世紀への架け橋」が配信された。
自身がモーニング娘。等のハロー!プロジェクトのアイドルのファンだったことから、そのプロデューサーであるつんく♂や、AKB48のプロデューサーである秋元康からも影響を受けているとインタビューで述べている[11]。
ヒャダインとしての活動の原点になっているゲーム音楽からも多大な影響を受けていて、特に「ロマンシング サ・ガ」等を手掛けた伊藤賢治の作品に最も影響を受けたと語っている[12]。
『情熱大陸』で語られたことによると、ももいろクローバーZに関しては単に楽曲を提供するだけでなく、合間を縫って彼女たちの学校の勉強を教えるなどし、戦友とも言える存在だという。また、ヒャダル子[注 1]のパートは、本人が元歌を歌っている姿を見られるのが恥ずかしいとのことで、取材カメラを回すことも断った。
タモリの大ファンであることを公言している。また、鉄道ファンでもあり、タモリ倶楽部で鉄道をテーマにした回にゲスト出演することも多い(総合車両製作所の工場見学の回に出演した際に東急7200系電車を運転した)。後に同番組の企画でスターダストプロモーション所属タレントの有志を集めて「スターダスト電車クラブ」を結成した(会員No.0001)。専門分野は「地下鉄のラインカラー」。
趣味は料理。
サウナ好きとしても有名であり、日本全国のサウナを旅歩いている。ブログに頻繁にサウナ記を執筆している。
「前山田健一」としての提供作品 編集 アイドル妖怪カワユシ・
「カワユシ・アラワル」(作詞・作曲・編曲)
赤い公園
「絶対的な関係 ~ヒャダインのリリリ☆リミックス~」(リミックス)
赤マルダッシュ☆
「赤マル急上昇ダッシュ!!!!」(作詞・作曲)
麻生夏子
「Perfect-area complete!」(作曲・編曲)
「Dream into action!」(作曲)
「More-more LOVERS!!」(作曲・編曲)
「恋愛向上committee」(作曲・編曲)
「エウレカベイビー」(作曲・編曲)
「Movement of magic」(作曲・編曲)
@JAM ALLSTARS 2014
「夢の砂 ~a theme of @JAM~」(作詞・作曲・編曲)
アナサー男子三人衆
「俺達の、理不尽(プライド)」(作詞・作曲・編曲)
__(アンダーバー)
「まじしゃんず☆さまー」(作曲)
UNKNOWN NUMBER!!!
「キボウノヒカリ」(作詞・作曲)
「beatdown」(作詞・作曲)
飯田里穂
「KISS! KISS! KISS!」(作詞・作曲・編曲)
石田裕子
「Changes」(作詞)
いないいないばあっ!
「ほっぺっぽ!」(作曲・編曲)
AKB48関連
AKB48
「初恋よ、こんにちは」(作曲)
「となりのバナナ」(作曲・編曲)
ノースリーブス
「君しか」(作曲)
「ジェシカはドアをノックしない」(作曲)
渡辺麻友
「カズン」(作曲)
FTISLAND
「TOP SECRET」(作詞)
every・ing!
「にゃんこ is L・VE!」(作詞・作曲・編曲)
大島麻衣
「メンドクサイ愛情」(作曲・編曲)
「愛ってナンダホー」(作曲・編曲)
小倉唯
「thx!!」(作詞)
乙女新党
「もうそう★こうかんにっき」(作詞)
小野大輔
「canvas」(作詞・作曲・編曲)
K
「525600min. ~Seasons of Love」(作詞・作曲)
けみお
「若者たち」(編曲)
ケラケラ
「MAKE UP」(編曲)
Gero
「吾輩はオス猫である」(作詞・作曲・編曲)
「You Can Do It ~夢を追いかけて」(作詞・作曲)
「うどん」(作詞・作曲・編曲)
倖田來未×misono
「It's all Love!」(作曲)
郷ひろみ
「99は終わらない」(作詞・作曲・編曲)
ゴスペラーズ
「SING!!!!!」(作詞

黒猫wiskerさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス