※患部を冷やすのはアイシング? それとも湿布? | 姫路市で「しつこい肩こり」は「整体院 みどり健康館」へ

姫路市で「しつこい肩こり」は「整体院 みどり健康館」へ

姫路城や姫路セントラルパークなどで有名な姫路市にて、整体院を営んでいる「整体院 みどり健康館」院長の私、加藤 浩がしつこい「肩こり」や「腰痛」を解消する方法を皆様にお届けするブログです。


テーマ:

 

 

 

当ブログへアクセスありがとうございます!
姫路市の整体師
 加藤 です (^-^)/

 

 

 

 

 ぎっくり腰など急性の症状で患部を冷やすのによく聞かれる質問で、「湿布や保冷剤でもいいですか?」というのがあります。

 

 これ、必ず「アイシング」をして下さい。

 

 

 

 専用のものを売っていますが、無い場合はビニール袋に氷を入れてタオルでくるんだものを使って下さい。

 

 低温やけどをしないように上手くタオルで調整しましょう。

 

 

 10〜15分冷やした後1時間ほど様子を見て、腫れや熱がひかない場合は再度10〜15分冷やしましょう。

 

 また、アイシングを行うのは原則として、発症後2〜3日までです。

 

 

 

 さて、ではなぜ湿布や保冷剤ではダメなのかというと・・・

 

 

◯湿布・・・湿布に配合されているのは鎮痛成分で、ひんやりするのはメントールによる冷感刺激なので、冷却効果はほとんど期待できません。炎症を取り除くためには深部まで冷却する必要があるのですが湿布では無理です。むしろ手が離せない仕事中や就寝中に貼って、アイシングと併用するのがオススメです。

 

 

◯保冷剤・・・保冷剤はマイナス温度にまで下がっているので、低温やけどをする危険性があるので、患部を冷やすのには不向きです。

 

 

 氷であれば、0℃以下に下がることはないので、保冷剤よりも安心です。

 

 このことから、急性の症状で患部を冷やすことが必要な場合は、湿布や保冷剤ではなく、氷を使って冷やすようにしましょう。

 

 

 

ギックリ腰

 

 

 

コチラの記事も合わせてお読み下さいね~♪

         

※痛い所をかばっていると他の部分に影響します!

 

 

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございます。


------------------------------------------------------

しつこい肩こりにお悩みの方の駆け込み院

☆代謝もあがる優しい施術☆ 


 整体院 みどり健康館 

姫路市坂田町15番地
インタービレッジ坂田町1F

 
(姫路商工会議所 西側すぐ)

ご予約・ご相談は
0120-581-561まで
(FAXは不可)


 営業時間  10:00~20:00
 受付時間    9:30~19:00
 定休日 : 水曜日

 【土日祝日も元気いっぱい営業中】
 駐車場・着替え・着替え室完備


------------------------------------------------------

 

 

プロフィール   メニュー  

 

アクセス     お客様の声   

 

施術の内容    施術の流れ  

 

よくある質問Q&A   ※読者登録について

ホームページはコチラ

 

 

 

 

 

ネット予約はコチラからお願い致します。

    

 ネット予約

肩こり解消のコツをお教えします! 【姫路市】 整体師 加藤さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス