”ニンチと呼ばないでね。” | センリノコウモソッカニハジマル

センリノコウモソッカニハジマル

認知症を患った母の身の回りの世話をしながら、最初は介護保険サービスを利用していましたが、介護業界に従事するようになり、認知症ケアを学び始めました。母を介護した経験を活かして、家族の気持ちがわかる福祉の専門職として、介護業界の質を向上したいと考えています。


テーマ:

残念なことですが

「認知症」を「ニンチ」と呼ぶ

医療・福祉・介護の専門職は

結構いると思います。

 

ケアマネジャーやサ責が

サービス担当者会議の席で

「ニンチ入ってるんで」と

普通に発言しています。

 

社会福祉協議会や

地域包括支援センターの職員が

悪びれる様子もなく

「ニンチ」と言っている場面に

遭遇したこともあります。

 

 

「痴呆」と言う人は

少なくなったと思いますが

今度は「ニンチ」と呼ばれるように

なってしまいましたね。

 

「ニンチ」と呼ばれる人の気持ち

「ニンチ」と呼ばれる人の家族の気持ち

 

よく考えてみてください。

 

 

 

正しく理解することは

大切なことだと思います。

 

 

 

でも

私は「ニンチ」と呼ぶ

すべての人に

注意を促しているわけではないので

やっぱり小心者なのでしょうね。

ケービットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス