先週6月22日土曜日の
Yahoo!ニュースで
嬉しい記事を見つけました!


      下矢印  クリックすると記事へ飛びます



痛みや放射線被曝(ひばく)のある
精密検査を受ける前に、
がんの可能性をある程度見分けられる。
がんの見落としを防いだり、
過剰な検査を省いたりすることにつながる。
〜記事より抜粋〜


血液検査で診る
腫瘍マーカーはあるけど、
あれは参考程度で
100%正確ではないようなので

もしも本当に、血液や尿から
高確率で早期がんが発見されるという
この検査方法が確立したら

造影剤やバリウムを体内に
入れると、アレルギーは出ないけど
超絶・体調不良になる私も
検査を受けやすくなるから
本当に助かります!!


造影剤やバリウムを入れると
腸閉塞なみに大変なことになるので
実はここ数年、バリウム検査を
受けてなかったのです。。。ニヤニヤ


そして、今でさえ
胃カメラや大腸内視鏡検査を
避けている私。。。滝汗滝汗滝汗


子宮体がんになったときも
婦人科の診察台や内診が
嫌で嫌で、診察を先延ばしにし過ぎ、
発見が遅れステージ2 まで
進行していた私としては、
血液や尿検査で
がん発見の見落とし防止になるなら
かなり嬉しいです キラキラキラキラキラキラ


2020年から一部の人間ドックや
健康診断のみに取り入れられる
ようですが、一部とと言わず
全ての健康診断に
取り入れてほしいな。