峯岸チームK千秋楽公演

テーマ:
2018年5月15日、田野優花さんの生誕祭・卒業公演を兼ねた峯岸チームK「最終ベルが鳴る」千秋楽公演に岩立さんが出演しました。

田野さんはダンスに定評のあるメンバー。私も高みなダンス選抜公演で彼女を見た時に、とても感動しました。

また、岩立さんのナチュラルぶりっ子という特徴を弄って拡散してくれた先輩メンバーでもありました。

卒業日は8月12日付とのこと。卒業おめでとうございます。

岩立さんのツイートへ(1)

岩立さんのツイートへ(2)

岩立さんのブログへ


追記(2018年6月14日)
ーーーーーーーーーーー
本日で2018年5月15日峯岸チームK千秋楽公演「最終ベルが鳴る」のDMM配信が終了するので、最後の鑑賞に臨みました。神公演と呼ばれることが多い終ベル公演。私はこの峯岸チームKでの終ベルが大好きです。

初日の2015年11月30日と12月24日には、J、山本彩さん、兒玉遥さんというエースメンバーも出演。ダンス得意メンバーが多く集ったチームでした。千秋楽では卒業や兼任解除に伴って他チームの応援を仰ぐ状態ではありましたが、それでも、峯岸さん、藤田さん、田野さん、湯本さん、市川さん、中野さんというダンス得意メンバーは健在で、岩立さん、福岡さんも助っ人出演していましたから、全体曲をパッと見したら16名全員がダンス巧者に見えてしまうくらいでした。(笑)

岩立さんは、卒業した島田晴香さんのアンダー出演。シャム猫の序盤で目立つ役回りが特に印象的でした。ユニット曲は、ごめんねジュエル。彼女が出演していれば、どんな公演でも私的には神公演になってしまうのは内緒!(笑)

最も驚いたこと
安定MCの峯岸さん、やっぱりトークの魔術師ですね。あまりにMC達者なので忘れがですが、AKB48発足時に満足にダンスができたメンバーは峯岸さんと板野さんだけだったらしいですから、その後のキャリアの積み重ねも加わって変幻自在。最も舌を巻いたのが、激しい序盤4曲を踊り終えて自己紹介MCの進行をキャプテンが発するのですが、息が切れずに何事も無かったように話す様でした。ダンスが上手くないと隠れた省エネダンスはできません。(驚)
ーーーーーーーーーー