image

 

月姫、フルコンしました!!!

リメイクが発表されてから10数年、古参のファンの方々が首を長くして待っていたのがよくわかるぐらいの名作でしたわ…( ˘ω˘ )

 

昔『Fate/Zero』にハマっていた時に(今から10年前という事実に驚愕)、同じ人が作った作品のアニメがあると小耳にはさんでみたんですがそれが結構面白かったので原作のゲームもやってみたいな~と思って調べてみたら、原作はR18&PCゲー&今ではなかなか手に入らないプレミアものと聞いたので、諦めました経験があります(当時中学生ぐらい)

ってか、今では中古サイトで100万ぐらいで売ってるものもあるらしいですよ。

持ってる人すごすぎます(-_-;)

 

そんなことがあってしばらく忘れていたのですが、あるときTwitterを見ていたら「やっと月姫のリメイクが出るらしい!」と聞き、PVを見た感じ面白そうだったのでなんとな~く予約したのですが、本当に面白かったです!

ノベルゲームの大きな可能性を見ました!!!

 

 

あらすじ

『ああー今夜はこんなに月が綺麗だー』

 

幼い頃、事故によって大怪我を負った遠野志貴。

追いやられる党に遠縁の家に預けられ、穏やかな日常を送っていた彼の元に、父親の訃報が届く。

 

実家に呼び戻された彼を待っていたものは、父から当主の座を受け継いだ妹の秋葉、そして二人のメイドさんだった。

新たに始まる遠野家の長男としての生活。古くからの因習を受け継ぐ一族。

自分とは釣り合わない豪邸での暮らし。

過去の風景に記憶の断片を呼び起こされるなか、遠野志貴はヒトのカタチをした生き物とすれ違いー

 

公式サイトはこちら

 

 

よかったところ

①シナリオが神

実は『Fate』シリーズが好きなクセにゲームはやったことがなかったため、那須きのこ先生のシナリオを読むのはこれが初めてなのですが、ものすごく読ませるシナリオです。

モノローグでは、傍目からはごく普通な男子高校生なように見えて実は歪みがある遠野志貴の異質な面や、バトルシーンではどちらが勝つのかわからないドキドキ感、殺戮シーンでのもう勘弁してくれ…という恐怖がよく表されていました。

 

乙女ゲームのような甘々なシーンがあるわけではありませんが、ふとした瞬間に「ああ、この人のことが大切だな」「これ以上幸せになってほしいな」と自然に思える、素晴らしいものでした。

 

②画面が最早映像

乙女ゲーム業界では、一昨年発売された『BUSTAFELLOWS』が「映画のようなゲーム」ということで有名でしたが、こちらは「」劇場版アニメのようなゲーム」と言い切れるほど、画面がヌルヌル動いてました。

特に戦闘シーンは、動きすぎて本当にノベルゲームですか…???ってぐらいでした。

シエル先輩√なんて、バトル、バトル、バトル!の連続でしたので、圧巻でした!

 

➂考察の余地がありまくり

①で「シナリオが神!」と言いましたが、本編で全てを語るわけではなくプレイヤーに考えさせる部分が膨大にあります。

自分で気づいた分も結構ありましたが、YouTubeや考察サイトを覗いてみるとまだまだ回収されていない伏線や謎が残る言動などがあり、考察の余地があるようです!

いや~、こういうのって自分で考えるのも楽しいですが、他人の考えるのも楽しいですよね!

読み始めると止まらなくなります♪

 

④BADエンドの救済処置が面白い

本作はBADエンドを迎えると『教えてシエル先生』という世界に連れていかれて、どの選択肢が原因だったのかなどをわかりやすく解説してくれるコーナーがあるのですが、それがものすごく面白いんですよ~\(^o^)/

本編が暗い分、このコーナーがはっちゃけてる感じでおふざけが多かったり、「ああ、ここがだめだったのか」とわかりやすく教えてくれるで乙女ゲームのようにどこの選択肢を間違えたんだ…?ってことがありません。

このコーナー、ぜひ乙女ゲームでも作って欲しいです!!!!

フローチャートがあるゲームだとまだわかりやすいのですが、『ピオフィ』は本当にどこでBADがどこで分岐したのかわかりにくく「どうすればハピエンが見れるの…???」と何回泣いたかわかりません( ノД`)シクシク…

それをランとかフェイ、レオとかが「ここが分かれ道だったんですよ~」って教えてくれたら嬉しくありませんか???

ぜひ、乙女ゲームにも実装して欲しいです!!!

 

気になるところ

①冗談抜きでグロい
元のPC版はエロ+グロでR18だったのですが、今回のリメイク版はグロのみでR18です。
そのグロが結構なものでしてね…、元々父親の英才教育(?)バイオハザードを始めとしたグロい映画などで耐性があるはずなのにたびたび白目をむいていました…。
「そういうの苦手化も~」って方はちょっとプレイするのは難しいかもですね…。
あと、シナリオの書き方とBGMも所々怖い演出があったため、夜にプレイするのもあまりオススメできません…(-_-;)
 
➁続編の発売時期が決まっていない
元々PC版ではアルクェイド、シエル先輩、秋葉、翡翠、琥珀の5人の攻略キャラがいる作品だったのですが、今回のリメイクはアルクェイド√とシエル先輩√のみでした。
発売自体は決まっているのですが、どこかのインタビューで発表されている発売予定日は4年後らしいです…。オリンピック…???
 

最後

長々と語りましたが、本当に面白かったです!

普通の乙女ゲームが5人攻略キャラがいて約40時間でフルコンのところを、このゲームでは2人で60時間と聞き、「噓でしょwww」って思っていたらマジでそれぐらいの内容があってビックリしました…。

これでも、まだまだ回収できていないBADがあったりとかします(;´Д`)

それぐらいボリューム満点です♪

 

フルコンした後に、Twitterの月姫の公式が流していた那須きのこさん達の対談を読んだですが、そこで「マジで!?」「えっ、期待していいの…?」っていうような新情報が盛りだくさんだったので、プレイ済みの方は読んでみてください。なかなか読み応えがありました!

あと、初回限定盤やタイプムーンの公式のサイトに付いてくる冊子も読んでいて面白かったです。

 

 

今年はこの『月姫』が発売されたり、『ひぐらしのなく頃に』の新作アニメが放送されたりと、元々同人ゲームだったものが大きく動いていましたね。

会社という支えがない中、個人達の「この作品をいろんな人にプレイして欲しい!」という純粋な気持ちで制作したものが20年という時を超えても愛されているのが本当にすごいな、と思いました。

今応援している『あにまるぷらねっと』もこれから10年、20年と頑張って欲しいです!!!!

 

 

とりあえず、最後強く言いたいのですが、

早く琥珀さん√をやらせて欲しい!!!!!!

あんな『普段ニコニコしてるのに、実は心は真っ黒』とか大好物なんですけど!!!!!

登場するたびにセーブするぐらい大好きです!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中です

下の画像をクリックして頂けると嬉しいです

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村